« 體系的ならざる論 | トップページ | 阿久悠死す »

2007年8月 2日 (木)

西尾幹二『江戸のダイナミズム』を斬る

 五月十七日に「經濟の牙――西尾幹二氏の珍論」と云ふ文章を書いたところ、その後、どこのどなたか知らないが、この記事に海外ポルノサイトへのトラックバックを大量に附けて呉れるやうになつた。現在までに約百八十囘。恐らくこれは、ブログ更新をさぼつたりせず、西尾氏の惡口をもつと書けと云ふ叱咤激勵に違ひない。どうも有難う御座います。

 さてリクエストにお應へしてと云ふ譯でもないが、國語問題協議會の會報「國語國字」の最新號に、西尾氏の近著『江戸のダイナミズム』をこき下ろす拙文「理不盡な兩成敗」を載せて貰つた。以下はその冒頭部分である。

*********(以下轉載)*********

 西尾幹二氏は近著『江戸のダイナミズム』(文藝春秋)の第十七章「万葉仮名・藤原定家・契沖・現代かなづかい」で、「現代かなづかい」を批判する一方、歴史的假名遣ひにも「無理」があると苦言を呈してゐる。この「兩成敗」は一見公平さうだが、實際はバランスを失した理不盡な主張である。

 現代かなづかいには拙速が生んだデタラメがあります。旧仮名すなわち歴史的仮名遣いには、福田恆存が述べている通り、文法上の一定の合理性があります。しかし一方に以上見た通り使用上の無理もあります。(四五一頁)

 その「無理」とは何か。西尾氏は例として「小用(せうよう)、従容(しょうよう)、称揚(しょうやう)、賞揚(しゃうやう)」や「公使(こうし)、行使(かうし)、公私(こうし)、光子(くゎうし)」等を擧げる。そして歴史的假名遣ひはこのやうな「煩雑な区別」を「国民に要求していたのです」と告發するのである。
 しかしこれらは全て漢語の音の假名遣ひ、すなはち字音假名遣ひである。西尾氏は「要求」と云ふ言葉の意味を曖昧なまま使用してゐるが、それが「使用を強ひる」と云ふ意味であれば、事實であるとは到底認められない。少なくも一般國民の日常生活に於いては、戰前も戰後も漢語は漢字で書くものであり、わざわざ假名で書いたり一々振假名を振つたりする習慣は無いからである。

*********(轉載終了)*********

 續きに關心のおありの方は、國語問題協議會事務局から會報を取寄せてお讀み下さい。

|

« 體系的ならざる論 | トップページ | 阿久悠死す »

コメント

 『國語國字』掲載の御文を拜讀致しました。實は西尾氏のかな遣ひ論については、私も批判の文章を草さうかと思うてをりましたが、先を越されました。完膚なきまでにばつさりとやつてしまはれ、大變心地よく思ひました。

 たゞ一點、七十四頁、「ナショナリストはとかく自國の歴史や文化を外國に比べ優れてゐると持ち上げたがるものであるが、西尾氏も例外ではない。」との一節、西尾氏は何の「例外ではない」のでせうか?

投稿: マロン=ナポレオン | 2007年8月 7日 (火) 18時53分

その西尾氏の意見は奇怪(をか)しいですね。
「小用(せうよう)、從容(しょうよう)、稱揚(しょうやう)、賞揚(しゃうやう)」や「公使(こうし)、行使(かうし)、公私(こうし)、光子(くわうし)」等は少しも煩雜ではありません。一番簡單です。これらは傳統的な假名遣ひの短所どころか最大の利點です。
むしろ、漢語の音の假名遣ひ、すなはち字音假名遣ひこそ、眞つ先に終戰前の傳統的な讀み假名で書くべきだと想ひます。

「同音異義語への異議」は私のホウムペイヂではありませんが、參考になります。

投稿: 來夢來人2006 | 2007年8月 8日 (水) 08時34分

>西尾氏は何の「例外ではない」のでせうか?

 この箇所、言葉足らずでした。「ナショナリストはとかく自國の歴史や文化を外國に比べ優れてゐると持ち上げたがるものであるが、中には、世界中で自國だけが特別な悲劇的宿命を背負はされてゐるやうな言辭を弄し、悲憤慷慨してみせる御仁もゐる。いづれにしても愚かな振舞ひだが、西尾氏もさうした愚かなナショナリストの例外ではない」とでも書くべきでした。

>「同音異義語への異議」は私のホウムペイヂではありませんが、參考になります。

 どうも有難う御座います。

投稿: 木村貴 | 2007年8月 9日 (木) 01時51分

 前田嘉則さんがブログで拙文に補足をして下さつてゐます。
http://logos.blogzine.jp/1/2007/08/post_b957.html

 私が「西尾氏の擧げた十三文字のうち『ぬ、い』は誤りで、正しくは『の、ひ』である」と書いた事に對して、十三文字と云ふならば「え」を除いて「も」を加へるべきだと云ふ御指摘(大意)です。

 私としては西尾氏の主張のうち明らかに間違つてゐるもの(ぬ、い)だけを指摘した方が、同氏の無智を簡潔かつ明瞭に衝く事になると考へたので、必ずしも誤りとは云へない「え」の算入と「も」の缺落については不問に附しました。しかし「正しくは」と書いた以上、その邊りの事情を端折らずに觸れておいた方が良かつたかも知れません。

投稿: 木村貴 | 2007年8月12日 (日) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/15982759

この記事へのトラックバック一覧です: 西尾幹二『江戸のダイナミズム』を斬る:

« 體系的ならざる論 | トップページ | 阿久悠死す »