« 西尾幹二『江戸のダイナミズム』を斬る | トップページ | 法律は最低限の道徳か »

2007年8月 3日 (金)

阿久悠死す

 作詞家の阿久悠氏が亡くなつた。享年七十。

 最近の阿久氏は産經新聞紙上などで文化的・政治的に保守的な主張をし、その手の人々に人氣があつた。都はるみ「北の宿から」、八代亞紀「舟唄」、石川さゆり「津輕海峽冬景色」、河島英五「時代おくれ」など、和語を巧みに使つた、いかにも日本人の琴線に觸れるやうなしみじみした詞が多く、これも保守派の受けが良かつた一因だらう。

 しかし阿久氏の作品はそれだけではない。フィンガー5「戀のダイヤル6700」のやうにアメリカかぶれだつたり、山本リンダ「どうにもとまらない」、ピンクレディー「ペッパー警部」の如く内容が輕薄で振附も猥雜だつたり(振附は阿久氏の責任ではないが)と、保守的な人々が眉を顰めるやうな歌も數多く手掛けた。ピンクレディーの「ウォンテッド」に「あいつはあいつは大變裝」と云ふ歌詞が出て來るが、國語の傳統にうるさい人々の間で「大變裝などと云ふ日本語はない」と物議を醸した事もある。

 私は「阿久悠は保守派の皮を被つた文化破壞者だつた」などと云ひたい譯ではない。全く逆である。國語や傳統文化にうるさい人々は、何かと云ふと歌謠曲やテレヴィドラマのやうな「低俗」な文化で亂れた日本語が使はれる事を憂ひてみせる。そんな事は無用の心配である。「大變裝」などと云ふ言葉は一事流行したかもしれないが、今では誰も使はない。「大變裝」に限らず、かつて良識ある人々を嘆かせた流行語の大半は廢れて仕舞つてゐる。

 和歌や俳句でも同じだが、破格の面白さと云ふものは、正格がしつかりしてゐるからこそ成立つのである。人間とは、阿久悠氏が體現したやうに、破格を試みる冒險心や奇を衒ふ心情と同時に、正格を求める秩序感覺も持合はせてゐる。だから言語と云ふものは、自然に任せておけば論理的にも美的にも十全な發展を遂げるものだし、事實、そのやうに發展して來た。さう云ふ意味で、多くの國語關係者からはお叱りを受けるかもしれないが、私は所謂「國語の亂れ」をそれほど心配する必要は無いと考へる。本當の「國語の亂れ」は、言語に政治が介入する時にのみ起こると思ふ。戰後の「現代かなづかい」「新漢字」の押附けこそ、その典型に他ならない。

 寧ろ正しい國語を押附ける事で、自由闊達な文化の發露の場が失はれる事を私は危惧する。歌謠曲は低俗かもしれないが、少數の高尚な文化は多數の低俗な文化と云ふ土臺の上に開花するのである。何より人間は、高尚な文化だけを求める存在ではない。

 話がかなり脱線して仕舞つた。私が一番好きな阿久悠氏の作品は、ちあきなおみが歌ふ「かなしみ模樣」である。三十年以上も昔の歌で、大ヒットしたとも云ひかねるが、聽く度に心を打たれる。阿久さん、どうぞ安らかに。

|

« 西尾幹二『江戸のダイナミズム』を斬る | トップページ | 法律は最低限の道徳か »

コメント

こんにちは
たれぱんだと申します。

私は阿久悠さんの『忘れもの』が好きです。
その想いをブログに書いています。
http://plaza.rakuten.co.jp/eigosan/
http://eigo-hp.hp.infoseek.co.jp/

投稿: たれぱんだ | 2007年8月 3日 (金) 19時35分

>働くこともいい お金を手にすることも
>豊かさ求めることも ぜいたくも悪くない
>無より あるがいい 貧しく 苦しむよりは♪

>と英五さんも唄っています。
>英五さんも価値観の多様性を認めています。
>(英五さんの作詞ではないですが)

 仰る通りです。世の中、豐かになつて來ると「清貧こそ正しい」だの「勝ち組は道徳的に劣つてゐる」だの、譯の分からない事を云ふ人々が増えるものですが、それは要するに嫉妬です。金が全てではないと云ひながら、金への執着を自ら暴露してゐるに過ぎません。彼ら自身、己が面相を道徳の鏡に映出してみて貰ひたいと思ひます。

 貧富の差は人柄や道徳心と關係ありません。貧しい人間が全て善人とは限らないし、金持ちが全て狡賢い奴だとも限らない。まあ人間とは未來永劫、嫉妬と縁が切れないのかも知れませんが。

投稿: 木村貴 | 2007年8月 4日 (土) 04時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/15990052

この記事へのトラックバック一覧です: 阿久悠死す:

« 西尾幹二『江戸のダイナミズム』を斬る | トップページ | 法律は最低限の道徳か »