« 法と道徳とホリエモン | トップページ | 公共心の缺如・續 »

2007年3月22日 (木)

公共心の缺如

 法と道徳を峻別出來ない日本人、その一例。

 裁判長の説諭要旨はどうかと思うが、妥当な判決だと思う。/今は堀江被告に限らず、公共心が欠如した富裕層が本当に増えたと思う。(「堀江貴文被告に実刑判決!」)

 「公共心の缺如」と云ふのは刑法の何條に違反するのか、教へて貰ひたいものである。恐らくその刑法の條文には「富裕層にのみ適用し、中産層以下はお咎め無し」とも書いてあるのだらう。喜六郎さんは素朴な正義感の持主だと想像するが、「罪刑法定主義」とか「法の下の平等」とか云ふ言葉も知つておいた方が良いと思ふ。

|

« 法と道徳とホリエモン | トップページ | 公共心の缺如・續 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/14346924

この記事へのトラックバック一覧です: 公共心の缺如:

« 法と道徳とホリエモン | トップページ | 公共心の缺如・續 »