« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

教育と政治を分離せよ

 「君が代のピアノ伴奏命じた校長の命令は合憲」と最高裁判決。

 東京都日野市立小学校の99年の入学式で「君が代」のピアノ伴奏をしなかったとして戒告処分を受けた女性音楽教諭が、都教育委員会を相手に処分取り消しを求めた訴訟の上告審判決が27日、あった。最高裁第三小法廷(那須弘平裁判長)は「伴奏を命じた校長の職務命令は、思想・良心の自由を保障する憲法19条に反しない」との初判断を示し、教諭の上告を棄却した。5裁判官中4人の多数意見で、藤田宙靖(ときやす)裁判官は反対意見を述べた。 http://www.asahi.com/national/update/0227/TKY200702270392.html

 私自身は「君が代が過去の日本のアジア侵略と結びついている」と主張する原告音樂教諭の「歴史観・世界観」には全然同意しないし、校長によるピアノの伴奏命令が「特定の思想を持つことを強制・禁止したり特定の思想の有無の告白を強要したりするものではない」との多數意見は妥當な線なのだらうとも思ふ。しかし只一人反對意見を述べた藤田裁判官が完全に間違つてゐると言ひ切るだけの自信も無い。藤田裁判官はかう述べたと云ふ。

 藤田裁判官は「君が代斉唱の強制自体に強く反対する信念を抱く者に、公的儀式での斉唱への協力を強制することが、当人の信念そのものへの直接的抑圧となることは明白だ」として、審理を高裁に差し戻すべきだと述べた。

 そもそもなにゆゑ教育現場を舞臺として幾度と無く違憲訴訟が起るかと云へば、教育、特に義務教育を政府がほぼ一手に取仕切つてゐるからである。違憲訴訟の對象は政府機關に限られる。今囘の問題も東京都日野市立小學校で發生し、被告は東京都教育委員會であつた。

 日本の場合、私立も補助金行政を通じて政府に首根つこを押さへられてゐるものの、公立に比べれば學校經營者の裁量は自由だらう。義務教育と大學では事情が異なるが、例へば、私立の國士舘大學や拓殖大學で君が代のピアノ伴奏を教師が拒否して問題になつたと云ふ話は聞いた事が無い。教員が大學の教育方針を承知の上で雇用契約を結んでゐるからだ。「式典の際は君が代を伴奏する事」と云ふ文言を契約書に豫め盛込んでおけば、後から問題になる氣遣ひは無い(私人同士の契約にも政府が理窟をつけて介入する場合があるので安心は出來ないが)。さうさう、今思ひ出したが、ミッション系の大學や小中學校で信教の自由が問題になつた事も無い。但し眞の自由を得るには、税金で賄はれる學校では駄目だ。

 教育方針を完全に自由にすれば、君が代は生徒に絶對歌はせないし、日章旗は絶對に掲げないと云ふ小中學校も出て來るかも知れない。一向に構はないと思ふ。それでも保護者の信頼を得るのであれば隆盛を誇つて行くだらうし、駄目な學校であれば潰れるだけの話である。逆に、幾ら君が代斉唱や日章旗掲揚に熱心でも、肝心の知育が疎かな學校は相手にもされまい。

 今囘の判決が專門家からみて妥當なのか不當なのか、私には分らない。しかし教育を政治の手から取戻さない限り、不毛な法廷闘争は何時までもあちこちで繰返され、生徒とその親達は迷惑し續ける事だらう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

49の惡と51の善

 「言葉の救はれ」コメント欄より。

 政治は、たとへ49の悪を為しても、51の善を為せば良いと判断すべきものだと思ひます。

 ある政治の爲す事の善が51で惡が49であると、どのやうに判斷するのだらう(結局それは前田氏の主觀による他は無いと思はれる)。いつもの事だが、前田氏の主張は客觀的基準を全く缺いてゐる(前田氏の屬する學會ではこれで十分通用するのかも知れないが)。

 また、国会で議決された教育基本法にたいして、「悪法は法にあらず」といふ理解をお持ちなら、また別の議論が必要でせう。

 前田氏は「(原則として)惡法も法なり」と云ふ理解をお持ちのやうだ。ところで前田氏は、自分自身の價値觀と異なる法律が成立した時も「法律なのだから從へ」と同じやうに云へるのだらうか。さうは思へない。前田氏にとつて法律とは、自分が信奉する道徳的價値觀を盛込んだものであるべきなのだから。ユダヤ人虐殺は、當時のドイツ國内では合法だつた。この一事を以てしても、「惡法も法なり」と云ふ考へ方が誤りであり、「惡法は法に非ず」と云ふ考へ方こそ正しいと私は思ふ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

國家が人間を作る

 前田嘉則氏(私は批判する相手を「誰かさん」などと呼ぶ高尚な趣味は無いので實名で失禮させて戴く)に以下反論する。

 加地伸行氏は、「道徳と法とを峻別せよ」と語つた。そして教育基本法に「先祖を敬愛せよ」との文言がないことを批判した。先日、書いた通りである。/このことにたいして、道徳と法とを峻別せよと言ふ人間が、教育基本法には道徳的價値を盛込めとは何事か、「加地氏は馬鹿だ」といふことを自身のブログで書いた御仁がゐる。私はさういふ言ふ方をする人を好きではないが、「馬鹿だ」とは書かない。その御仁の好きな「知的怠惰」といふ言葉を使はうと思ふ。その人は、自身のロジックに醉つてゐるのである。醉つ拂ひに「知」を求めてもしかたないけれども、「知的怠惰」に違ひはない。その人が敬愛する松原正先生も、多分相手にしまい。

 ここまでは單なる前置きである。加地伸行氏に對する私の批判がなぜ「知的怠惰」であるのか、前田氏は以下で十分な根據を擧げつつ論陣を張る筈である。續きを讀まう。


加地氏は、民法の次のやうな規定を使つて説明してゐた。

民法第3章 相続の効力 第1節総則
■第896条[相続の一般的効力]
 相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。但し、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。
■第897条[祭祀供用物の承継]
(1) 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者がこれを承継する。但し、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が、これを承継する。
 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、前項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所がこれを定める。

ここからは、私の考へ。


 ちよつと待つて貰ひたい。「ここからは、私の考へ」と云ふ事は、加地氏の主張の紹介はここまでで終りなのか。一體全體、加地氏は民法の條文を引いて何をどのやうに説明したのか、さつぱり分らない。前田氏は自分が熱心に聴いた筈の加地氏の話を要約する事すら出來ない。それでゐて他人を「知的怠惰」だなどと呼ぶ。困つたものである。

 祖先の祭祀を主宰する行爲とは、道徳といふ次元でもなく宗教的行爲である。無神論者なら、内心の自由を侵すものである、などと文句を言はれかねない行爲である。それに對して、民法はそんな個人的な考へとは關係なく、最終的には家庭裁判所がこれを定めるとまで言ふ。

 前田氏が何を力説してゐるのだかよく分らないが、上の條文を讀めば明らかなやうに、民法897條は祭具や墳墓の承繼者を決める遺言も慣習も見當たらない時に、仕方ないので家庭裁判所が何らかの方法で決めると云つてゐるだけである。祭具や墳墓の所有を勸めたり、祖先の祭祀を推獎したりしてゐる譯ではない。民法には金の貸し借りに關する規定が山ほどあるが、金の貸し借りを推獎してゐる譯ではない。それと同じ事である。

 もちろん、憲法の定める信教の自由の範圍内においてではあるものの、祭祀といふものの繼承をこれだけ嚴格に決めることができたといふことは、日本人の價値の中にすでにかういふ先祖への畏敬は十二分に滲透してゐるといふことを示してゐる。

 これも譯が分らない。あるルールが存在しても、そのルールの對象となる事物事象が健在であるとは限らない。ある土地で野球の詳しいルールブックを見つけたからと云つて、そこで野球が現在盛んだとは限らない。特に法律と云ふものは使はれなくても廢止される事は滅多に無いから、民法に祭祀に關する條文が存在するからと云つて、「日本人の價値の中にすでにかういふ先祖への畏敬は十二分に滲透してゐるといふことを示してゐる」などとは到底斷言出來ない。念の爲斷つておくが、私は先祖敬愛に反對してゐるのではない。前田氏の議論の進め方は滅茶苦茶だと云つてゐるに過ぎない。滅茶苦茶な議論からは滅茶苦茶な結論しか導かれ得ない。現に、前田氏の云ふやうに、日本人に「先祖への畏敬」が「十二分に滲透してゐる」のであれば、そもそも法律に「先祖への敬愛」をしやかりきになつて盛込む必要なんぞ無いではないか。

 したがつて、新教育基本法に先祖への畏敬を盛込まなかつたといふことは、法律と道徳とを峻別したからではなく、

 「法律と道徳とを峻別したからではなく」なんて、餘りにも當然の事を強調しないで貰ひたい。日本の政治家や役人が法の領域と道徳の領域とを峻別してゐるのであれば、そもそも教育基本法なんて代物を作らうと考へる筈が無い。誰もが知つてゐるやうに、今囘の法改正は政治的妥協と打算の結果に過ぎない。だが一方で法と道徳の峻別を持ち出して他人に説教を垂れる加地氏が、他方で法に己の支持する道徳的項目が盛込まれなかつた結果を殘念がるのは自己撞着である。自己撞着に氣附かぬ「御仁」を世間では「馬鹿」と呼ぶのである。もし加地氏が法と道徳の峻別に首尾一貫して反對するのであれば、それはそれで別の批判に價するものの、私は「馬鹿」とは呼ばない。

 核となる價値を内包できなかつた腑拔けの改正にすぎないといふことを意味してゐるのだ。

 「核となる價値」は道徳とどう違ふのか。違ひはしない。道徳を「内包」しない法律は「腑拔け」であると前田氏は云つてゐるのである。要するに加地伸行氏も前田嘉則氏も、「法と道徳の峻別」と云ふ言葉だけは知つてゐても、その意味するところは全く理解してをらず、都合の良い時だけ引張り出すものの、守るべき規準だとは露ほども考へてゐない。それは前田氏の文章の最後に明らかである。

 國家は、日本人を作るために教育基本法を定めるのである。その際、日本人がどう生きて來たかが一番大事なことである。/さうであれば、堂堂、教育基本法に道徳的價値觀を盛込めといふのが、知的誠實といふものであらう。

 國家が日本人を作る――。端的に云つて、このやうな事を書いて思はず背筋が寒くならないやうな神經の持主に、道徳の領域に於いて政治を拒否する大事を幾ら説いても徒勞だと思ふ。前田氏は共産主義者と何も變らない。

 「それぞれの組織、團體には、それを一つの共同體として成り立たしめる爲の教育が必要である。」福田恆存

 福田恆存は注意深く「組織」「團體」と云つたのであつて、「國家が人を作る」などとおぞましい事は口走らなかつた。だから國家主義者の清水幾太郎を厳しく批判したのである。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

法と道徳

 『憲法九条を世界遺産に』を讀了し、感想を書きたいのだがなかなか纏まつた時間が取れない。全然關係ない文章の短い感想を一つ。

 講演の骨子は4つ。①安倍内閣について ②柳澤大臣の發言について ③教育再生會議について ④中國問題について。[中略] ②これについては、20日の「正論」を讀んでくださいとのことだつた。法と道徳とを峻別せよとのこと。/③教育基本法の改正に「祖先への敬愛」が拔けた。それが日本人の價値の中心であるのに、である。それがない中で、どうして「再生」ができるのか。期待はしてゐないとのこと。(「加地伸行氏の講演會」)

 「法と道徳とを峻別せよ」と本氣で主張するのなら、教育基本法に「祖先への敬愛」などと云ふ道徳的規定が入らなかつたと殘念がるのはをかしい。同じ講演の中で矛盾する發言をやらかして平氣な加地伸行はやつぱり馬鹿だと思つた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »