« 世界共和國の惡夢 | トップページ | 國語問題協議會四十五年史 »

2006年4月29日 (土)

エリック・ホッファーの環境主義批判

 環境至上主義とは常人の自然愛好心と似て非なる物で、要するに左翼インテリが信奉する反資本主義であり、共産主義の一變型に過ぎない。港灣勞働者出身のアメリカの思想家、エリック・ホッファーは既に一九七〇年代初めにかう喝破してゐた。

 數年前、あるペルー人が私を訪ねてきた。[中略]その人はかういふのであつた。他國に比べてアメリカの科學技術が進みすぎてゐるのは不幸なことである。他の諸國は、アメリカに追ひつく努力をしなければならないために、歪んだ片端な國になつてしまふ。アメリカの物質主義が、リオ・グランデの南の諸國に、きはめて硬直的で破壞的な影響を與へてゐる。その人はかういつた月竝みなアメリカ批判をぶつたのである。

 正に月竝みなアメリカ批判で、今でも毎日讀んだり聞いたり出來る。ホッファーは續ける。
 サンフランシスコは氣に入つたかとたづねてみると、かなり氣に入つたがゴールデン・ゲート・パークには嫌惡を感じたといふ答へが返つてきた。なぜいたづらに自然に手を加へてしまふのか、人工の湖、人工の小川、人工の山、人工の瀧、かうしたものは自然に對する冒涜である、アメリカ人は自然に對する尊敬の念を缺いてをり、勝手氣ままに手を加へてしまふ、といふのであつた。

 これも『国家の品格』邊りに出て來さうな「月竝みなアメリカ批判」である。さて、ペルーのインテリに對して、貧しいドイツ移民の子であつたホッファーは何と答へたか。
 それに對して私はかう答へた。「ペルーではインカ人が何世紀もかけて大變な苦鬪をして築き上げたものすべてが、再び自然に奪ひ返されてしまつた。テラス、運河、道路、橋、都市といつたすばらしいものすべてが荒れはててしまつた。自然があなたたちの口元からパンをかすめとつてゐる。ペルーにとつては自然とどう取り組むかが唯一の問題だ。ペルーをゴールデン・ゲート・パークと化することこそ夢みるべきである。それなのにあなたはパリの學生時代に吹き込まれた陳腐なたはごとをならべたてて自然を讚へてゐる。」(以上『人間とは何か』より、田中淳譯)

 ホッファーにかう批判されると、件のペルー人は「尊嚴を傷つけられて憤怒し、すつくと立ち上がつた」さうだ。現代日本にも、フランス邊りの左翼知識人に吹き込まれた「陳腐なたはごとをならべたてて自然を讚へてゐる」評論家やその愛讀者が多いのには困つたものである。

 ところでエリック・ホッファーには『現代といふ時代の氣質』と云ふ著書もあるのだが、邦譯者は若き日の柄谷行人氏である。いつまでも「月竝みな資本主義批判」なんぞやつてゐると、あの世のホッファーから怒られるぞ。

|

« 世界共和國の惡夢 | トップページ | 國語問題協議會四十五年史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/9808917

この記事へのトラックバック一覧です: エリック・ホッファーの環境主義批判:

« 世界共和國の惡夢 | トップページ | 國語問題協議會四十五年史 »