« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月20日 (月)

パンとパン以外の物

 今の世の中、駄本ばかりがベストセラーとなり、良書がさつぱり賣れない。嘆かはしい限りだが、ではどうすればよいか。實は名案は無いのである。資本主義の擁護者であるルートヴィヒ・フォン・ミーゼスはかう書いてゐる。

 優れた判斷の持ち主から見れば、最も榮えてゐる者が、人類の中で最も傑出した人物だと言へないことは、もちろん事實である。不器用な多數の凡人は、自分の悲慘な状態をカバーしてくれる人々のメリットを正當に價値評價するのには適してゐない。彼らは、自分の慾望の滿足を基準にして人を價値評價する。したがつて、ボクシングの選手や探偵小説の作家は、哲學者や詩人よりも高い名聲を博し、收入も多い。この事實を悲しむのは確かに正しいことだが、天才のインスピレーションを缺く人々が、以前には誰も知らなかつたので、初めは拒否するやうなアイディアを人類にもたらす、イノベーターの功績に對して公正な報酬を與へることができる社會體制は、誰にも考へだすことはできないだらう。(村田稔雄譯『經濟科學の根底』、日本經濟評論社)

 イノベーターとは、古くは蒸氣機關を發明したジェイムズ・ワット、近くはウィンドウズを開發したビル・ゲイツのやうな技術的革新者を指す。彼らのおかげで我々大衆はアイポッドで音樂を樂しんだりブログに文章を書いて胸のつかへを解消したり出來る譯だが、それと引換に、大衆が好まぬ物は賣れず、哲學者や詩人は經濟的に報はれないと云ふ事になる。かと云つて、大衆にとつて小難しいばかりで面白くもない哲學書や詩集を無理矢理買はせる事は資本主義の下では出來ないし、さう云ふプラトンの理想郷のやうな社會では經濟的發展は阻害され、この上無い不便や飢ゑを味はふ事にならう。

 ミーゼスは教養人として、哲學者や詩人よりもボクサーや探偵小説作家の稼ぎが多い社會は或る種の問題を抱へる事を承知した上で、功利主義的觀點から資本主義を是とした。チャーチルは彼一流の表現で「民主主義は人類が生み出した政治制度の中で最惡だが、これよりましな物は他に無い」と云つたさうだが、資本主義についても同じ事が云へる。多く稼ぐ人物が立派だとは限らない。しかし厄介な事に、多く稼ぐ人間は有用なのである。駄本でも多く賣れればそれによつて潤ふ出版社社員、印刷工、書店主等々は膨大な数に上る。

 いづれにしても注目すべきは、ミーゼスがパン(經濟)とパン以外の物(哲學・藝術)とを峻別して考へてゐる點である。ミーゼスは紛れもなく西洋知識人の傳統に屬する一人である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

moral sensibility

 英語による思考法は日本語の思考法とはまつたく別のプロセスを經て機能する。それを會得するには、まづ日本語とどう違ふかをはつきり認識してかかるのが、じつは最も近道なのである。しかしこのためには、かなり高度の日本語の知識を必要とする。日本語の水準は高ければ高いほどよい。この點私は英語の幼兒教育を重視しない。それどころか、大人になつてから英語を學ぶことに大きな利點を認めるものである。それは何かと言ふと、日本語に關するゆるぎのない自信である。自國語こそどんな人からも取りあげることの出來ない個人の財産であり、コミュニケーションの利器である。
 此處迄の件りは、藤原正彦先生が讀んで大いに喜びさうな内容である。しかしその先が全然違ふ。
 終はりに本辭典は、日本の英語研修者が英語の獨自性を探求するプロセスにおいて、英語の体質である捉はれることのないvisionと、moral sensibilityを自然のうちに感得せられることをひそかに願つて編まれたものであることを申し添へておく。
 英語を話す民族の捉はれることのない想像力や道徳的感性を日本人が自分の物に出來るかどうかは兔も角、この文章の筆者は他民族に謙虚に學ぶ姿勢を忘れてゐない。アメリカ人は經濟力軍事力だけが取り柄で道徳心は日本人の足下にも及ばない、などと書くやうな夜郎自大のナショナリストとは對照的である。引用は『日英語表現辭典』(ちくま學藝文庫)の「はしがき」より。筆者は最所フミ。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

品格ある言論

 週刊朝日二月十日號「マリコのここまで聞いていいのかな」より。


 藤原(正彦) いまの日本は欧米の考え方に巻き込まれすぎなんです。「論理的に筋が通っていればいい」とか、「合理的に考えろ」とか。確かに能率や効率も大切ですけれど、それだけになったらどうしようもない。いまのアメリカの衰退ぶりを見れば明らかじゃないですか。
(中略)
 藤原 「愛国心」というと、ナショナリズム(国益主義)とパトリオティズム(祖国愛)という二つの意味があるんです。ナショナリズムというのは、自国の利益さえあれば、他国はどうなってもいいという不潔な考えなんですね。
 林(眞理子) 村上ファンドの村上世彰さんとか、ホリエモンとか、ああいうタイプを軽蔑する雰囲気が、確かにまだ残ってるかもしれませんね。
 藤原 非常に素晴らしいことです。「金さえあれば何でもできる」なんてうそぶく人への抵抗感が残っていることは。そこがアメリカと違うところで、こういう美風はとっておいてほしいですね。
(中略)
 藤原 たぶん僕と同じようなことを考えてる人も多いと思うんです。たとえば強い者と弱い者が戦う。公平に戦ったんだから、勝った者が全部取っていいというのが市場経済ですよね。ところが、日本の武士道精神から言えば、強い者と弱い者は戦っちゃいけない。小学6年生と1年生が公平に戦ったら卑怯なんですね。
(中略)
 藤原 最近のエコノミストは間違ってます。市場経済は人間を絶対に幸福にしないです。僕ははっきり言います。そのうちCIAに消されるかもしれないけど……。
  きょう、おひとりでいらしたけど、大丈夫ですか。(笑い)
 藤原 最近は身辺に気をつけて、ホームにいて電車が来ると、パッと2㍍後ろに下がるんです。電話が盗聴される可能性もある。特に乱れに乱れた女性関係が……。(笑い)

 *アメリカには「『金さえあれば何でもできる』なんてうそぶく人への抵抗感が残って」ゐないのでせうか。それならハリウッドの映畫ではなぜ大企業の惡辣な經營者がいつも惡役として登場するのでせうか。
 *市場經濟は人間を幸福にしないかもしれませんが、それなら社會主義經濟は人間を幸福にするのでせうか。そもそも幸福とは經濟だけの力でもたらされるものでせうか。
 *アメリカが衰退したとは何を以て言へるのでせうか。又、わざわざアメリカと比較して日本が「非常に素晴らしい」と云ふのはナショナリズムではないのでせうか。
 *日本の戰國時代に「強い者と弱い者」は戰はなかつたのでせうか。
 *「ホームにいて電車が来ると、パッと2㍍後ろに下がる」なんて他人を驚かせるやうな行動をわざわざとるよりも、最初からホームの後ろで待てば良いやうに思ふのですが。ひよつとすると、CIAの暗殺者を欺く爲の計略なのでせうか。

 わからない事だらけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »