« 出版計劃・野望篇 | トップページ | 政治と私的自由 »

2005年10月30日 (日)

吾は點に與せん

 電車の棚にトンカツ辨當を忘れる。それは兔も角、政治主義者の孔子も私的な自由に憧れ、尊重したと云ふ美しい逸話。論語先進篇より。

 點、爾は如何と。瑟を鼓すること希なり。鏗爾として瑟を舍きて作つ。對へて曰く、三子者の撰に異なりと。子曰く、何ぞ傷まんや。亦各々其の志を言ふなりと。曰く、莫春には、春服既に成る。冠者五六人、童子六七人、沂に浴し、舞雩に風じ、詠じて歸らんと。夫子喟然として歎じて曰く、吾は點に與せんと。

 [弟子達に將來の抱負を聞いてゐた孔子は、最後に曽皙に向かひ、]「點(曽皙の名)よお前はどうぢや」と問うた。曽皙は今まで先生と兄弟弟子三人の問答を聞きながら、静かに瑟をポツンポツンとひいてゐた。コトリと音をさせて瑟を置いて立ち上がり、「私は三君の抱負とはおよそ種類を異にしてゐますから」と遠慮した。ところが、孔子は、「めいめい思つたことを言ふのだから、何も遠慮することはいらないよ」といつた。そこで、曽皙は答へて、「晩春の好時節に、春服に輕く着替へをして、元服したばかりの二十歳ぐらゐの青年五、六人と、十五、六歳のはつらつとした童子六、七人を連れて郊外に散策し、沂の温泉に入浴し、舞雩の雨乞ひ臺で一涼みして、歌でも詠じながら歸つてきたいと存じます」と言つた。これを聞いた孔子は、深い溜息をつきながら、「わしも點の仲間入りがしたいものだなあ」と言つた。(吉田賢抗通釋)

|

« 出版計劃・野望篇 | トップページ | 政治と私的自由 »

コメント

お若いのに、何と達觀した事を言はれるものか。吾は寧ろ「出版計劃・野望篇」に與せん。

投稿: 平成山人 | 2005年10月31日 (月) 10時04分

 曽皙は多分今の私より若かつたと思ひますが、孔子の弟子だつたわけですから、俗事を全く意に介せず「達觀」してゐたわけではないでせう。當方も達觀したくとも煩惱だらけでままなりません。

 某會合で話題になつたのですが、論語のこの部分は、次に引くサミュエル・ジョンソンの指摘に通じるものがあります。「彼らは普遍的自由について大騒ぎをしてゐるが、貴重なもの、要するに個人が享有するものはすべて私的自由に限られる、といふ事實を考へない。政治上の自由は、それが私的な自由を生み出す限りでのみ貴重なのだ。」

投稿: 木村貴 | 2005年11月 1日 (火) 03時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/6766480

この記事へのトラックバック一覧です: 吾は點に與せん:

« 出版計劃・野望篇 | トップページ | 政治と私的自由 »