« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月27日 (火)

中途半端な創造デザイン論

 メモ。

創造デザイン學界

 創造デザイン論とは、進化論を否定し、生物は超自然的な何か(例へば神)によつてデザインされたと主張する假説である。アメリカで信奉者が多い。現代科學の成果である進化論を否定して仕舞つてゐるので、少なくも現時點では科學的根據は無いと云つて良いであらう。

 創造デザイン論と云ふものが存在する事は面白い。しかしその「論理」自體は餘り面白くないと思ふ。科學でもなく神話でもなく甚だ中途半端だからである。科學としては進化論の方が筋が通つてゐて知的興奮を覺えるし、神話としては聖書の創世記をそのまま讀む方が遙かに面白い。女は男の肋骨から生まれた。それで良いではないか。

 科學を宗教の都合に合はせて變質させる必要など無い。宗教に科學的裏附けを持たせる必要も無い。科學は科學、宗教は宗教と云ふ二元論を構築すべきなのである。

  (追記)科學を聖書の記述に合はせようとする考へ方それ自體、西洋人の發想である。日本人の「創造デザイン論者」ならば、古事記の記述に合つた科學を「研究」すべきだらう。ところが古事記には生命や人間の起源についての記述があるやうで無い。結局のところ、日本人にとつて科學と宗教の對立などと云ふ問題は無縁なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

與論を信じなかつた岸信介

 「月刊ランティエ。」二〇〇五年十一月號に岸信介元首相を論じた松原正氏の寄稿が載つてゐる。

 私は岸信介と三度會つた事がある。初めて會つた時、その場にはラヂオ日本會長の遠山景久、評論家の清水幾太郎及び勝田吉太郎が居合はせたが、食後の歡談中、私は岸に、戰前の政治家と戰後の政治家とどこが一番違ふかと尋ねた。岸は即座にかう答へた、「戰後の政治家は活字を恐がります」。(「『律儀』を信じる岸信介を尊敬する」)

 正字正假名による印刷。日經ビズテックの「パソコンとハムレット」に續く快擧と云へよう。さう云へばビズテックの最新號も發賣された。「ランティエ」と兩方買ふべし。因みに「ランティエ」には三島事件を論じた呉智英氏の寄稿も掲載されてゐる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタイナー、科學萬能主義を斬る

 ジョージ・スタイナー「人間をまもる読書」(『言語と沈默』所收、橋口稔譯)より。

 科學者たちは、經驗による證明といふ基準と、共同研究の傳統をたよりに、[中略]科學の方法とヴィジョンこそ今や文明の中心である、詩と形而上學の昔ながらの優越は終つた、と主張しようとしてゐる。[中略]しかし、だまされてはならない。科學も言語と感受性を豐かにするであらう[中略]。科學は、われわれの環境を、文化が育つ餘暇と生活の場を、つくり直すであらう。しかし、自然科學や數學は、つきることない魅力をもち、しばしば美を感じさせるかも知れないが、人間の興味を究極的に滿足させることはない。それは、人間の可能性に對するわれわれの知識や支配を、ほとんど増加させることがなかつた、とわたしはいひたいのだ。神經學や統計學の全部をもつてしても、ホメロスやシェイクスピアやドストエフスキーにおける、人間洞察のゆたかさには、どうみてもかなはない。

 人間とは何かを知るために生物學や進化論の知識は有益だと思ふ。しかしそれだけでは足りない、文學や哲學が是非必要だとスタイナーは云ふ。正しい指摘である。但し、現代の、特に現代日本の文學や哲學がその期待に應へられるかどうかは別問題である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

三百人劇場閉館へ

 少々遲くなつたがこんな記事が。

 演劇上演や、名作映画の上映などで親しまれてきた東京都文京区本駒込の「三百人劇場」(257席、建設当時は302席)が老朽化のため、06年末で閉館することが決まった。

 閉館後、昴は別の拠点を探して活動を續けるが、詳細は決まつてゐないとの事。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月 5日 (月)

松原正先生 東京講演會の御案内

【演 題】未定
【日 時】平成17年10月1日(土)
 *講 演(午後2時30分開場、3時開始、5時終了)
 *懇親會(午後5時開始、6時30分終了)
【會 場】早稻田奉仕園内「日本キリスト教會館」6階
 *講演はABC會議室、懇親會は「フォークトルーム」にて
 *東京都新宿區西早稻田二丁目三ノ一
 *電 話 (03)3205-5411
 *URL http://www.hoshien.or.jp/
【交 通】JR山手線、西武新宿線、地下鐵東西線「高田馬場」驛より早大正門前行バス「西早稻田」下車徒歩2分。又は東西線「早稻田」驛下車徒歩5分。
【參加費】講演=2000圓程度  懇親會=3000圓程度
 *事前豫約不要。講演・懇親會どちらか一方のみの參加も可。
【主 催】松原正先生を圍む會 (問合せ先 木村 貴 メール:kimura39@nifty.com)

どうぞ御參加下さい。
なほ當日、お手透きの方は机の移動等に御協力戴けると助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »