« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

白川静、お前もか

 白川静氏は漢字に關しては偉い先生だと思ふが、その思想について全面的には賛成しかねる。例へば次の發言。

 「中國が文明の時代に入つたのは今から三千年以上も昔のことです。以來、近代化の時代にいたるまで、大規模な戰爭がほとんどない平和な世界が東アジアでした」「つまり東アジアは秩序正しい禮節の世界だつた。それが變調をきたしたのは近代になり、西歐による侵略があつたためです。ヨーロッパは民族も多いし事情も複雑で、戰爭に明け暮れた歴史がある。日本はそれをまねて中國を侵略した。東アジアの秩序を亂した。これは明らかな誤りです」(白川静、平成17年8月19日附日本經濟新聞夕刊のインタヴュー記事「日本の進む道」より。國語表記は變更)

 白川氏は何の論證も無く「戰爭は惡」と決めつけて仕舞つてゐる。そもそも支那大陸に三千年以上、「大規模な戰爭が無かつた」と斷言して良いものかどうかも疑問だが、なぜ大規模な戰爭が無い事がそれほど立派なのか。白川氏ほどの碩學にしてこのやうな淺薄な發言しか出來ないのであれば、私は益々、西洋の文學哲學に惹かれて仕舞ふ。例へば次に引く岩男淳一郎氏のやうに。

 それにしてもこのやうな物語集を繙くにつけ思ふ。今も昔も、海の向かうの横文字を操る人間たちは、實は神では決してない、ただひたすら人間にこそ、なんとなくなんぞではなく、恐ろしく眞劍に飽くなき興味を抱き續けたのだ。そのあげく、その數々の名作に見る驚くほど陰影にとむ人間像を刻み上げたのではないか。向かうには無數の『メゾン・テリエ』が生まれ、こちらでは夥しい『城の崎にて』しか生まれ得ないのは、ただひとへに人間探求の一途さの違ひに依るのではないか、などとふと思はれるのである。(岩男淳一郎『絶版文庫發掘ノート』、33頁、サッケッティ『フィレンツェの人々』の箇所より。同上)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

横書の書式について

 先日、「戰前の書籍で、表紙の題名や頁上部の章題が『右から左』の横書で書かれてゐると讀みにくくて敵はぬ」と書いたのだが、若干修正しておきたい。讀みにくいのは、私の手元に『右から左』と『左から右』が混在してゐるからで、すべて『右から左』に書いてあれば特段讀みにくくはない。要は慣れである。

 但し、題名や章題が「右から左」でも、その他の部分が西洋流に「左から右」で書かれてゐる場合は少なくない。岩波文庫で云ふと、『古代希臘文學總説』(昭和十六年第二刷)の題名は右から左だが、卷末にある地圖の題名は「古代希臘文學總説附録地圖」と左から右に書いてある。圖中の地名も「アテナイ」「テバイ」などとやはり左から右である。『佛蘭西文學史序説』(昭和三年初刷)も同じく題名は右から左だが、卷末の索引は「アカデミイ・フランセーズ」「スタンダール」などと左から右に書いてある。

 推測的結論。「右から左」の書式は題名や章題等、使用される箇所が慣習上決まつてをり、本文、索引、附録等、その他の箇所は西洋流に「左から右」に書くのが戰前も一般的だつたのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月27日 (土)

買物

 神田のぐろりや展で清澤冽、守隨憲治、辰野隆、森銑三らの本を買ふ。晝休みと云ふか殆ど夕方でしたが。改裝したばかりの門前仲町の朝日書店ではゲルツェン『過去と思索』(筑摩書房世界文學大系版)を買ふ。全二册で千八百圓。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

きつ目

 時々行く湘南堂ブックサーカス藤沢店の絶版文庫目録を見てゐたら、『きつ目の磅二十』と云ふ書名があつた。きつ目つて何だ。柴崎コウのやうな女か。これは『十二磅の目つき』だらう。戰前の岩波文庫なので横書きの題名が右から書いてあつたのを左から讀んで仕舞つたと見た。磅はポンドでイギリスの貨幣單位。作者は『ピーター・パン』のバリ。最近、ジョニー・デップ主演でバリを主人公とする映畫「ネバーランド」をやつた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

危ふきに近寄らず

 福田逸氏のブログへのコメントより。
 

劇団昴主催者である福田逸先生たるものが自民党造反議員の小泉総理に対するうさんくさいゴシップネタを掲載するとはがっかりしました。私の想像ではおそらく平沼某か堀内某がネタ元だと思います。(総合学としての文学子の投稿)

 政治の世界は百鬼夜行と云ふではないか。昨日の友が今日の敵、自民黨主流派、造反議員、野黨それぞれが眞僞を問はず、己が勝つ爲ならどのやうな情報でも流す。初心な言論人が鵜呑みにすると碌な事は無い。昔の人は良い事を云つた。君子危ふきに近寄らず。しかし萬が一、福田氏が書いた「噂」(小泉首相がナポリでオペラ三昧の日々を計劃してゐるとか、元夫人の大手不動産會社への就職を斡旋したとか)が眞實ならば、その政界通ぶりに潔く脱帽しよう。眞實ならば。

続きを読む "危ふきに近寄らず"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

ヘタマゴすれば日本文化は滅びる

 福田逸氏、實に下らぬ事を書いてゐる。

 ただ、否決は間違ひないとの事、ヘタマゴすれば、漸く覚醒を始めた我が国は再び悪夢の、そして最後の漂流を始めるであらう。

 國鐵が民營化されて日本が滅びたか。電電公社が民營化されて日本が滅びたか。郵便局が民營化されようがされまいが日本が滅びる事は無い。しかし傳統を守れと聲高に叫ぶ言論人が「噂を信じちやいけないよ」だの「ヘタマゴ」だの「ガラガラクシャ」だのと愚劣な言葉を書き連ねて平氣でゐるやうなら日本文化は、つまり日本は、いづれ滅びる。愚にもつかぬ噂話をさも重大事のやうに書き附ける神經もどうかしてゐる。政治主義に盲ふるとはかくも恐ろしき事か。

続きを読む "ヘタマゴすれば日本文化は滅びる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »