« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月29日 (水)

美輪明宏氏の新刊

 岩波書店の「圖書」を眺めてゐたら、美輪明宏『戰爭と平和 愛のメッセージ』の廣告。

 「正義の戰爭なんて、ありやせんのですよ」 戰中・戰後を經驗し、時代の變化と不變の眞理を見据えてきた著者が、不穩な雰圍氣を増す現代日本社會に警鐘を鳴らす。人類が平和に、よりよく生きるために必要なのは、眞の教養、文化、そして愛――。心に染みる言葉の數々を、美しい裝ひの本でお屆けします。

 美輪氏はしばらく前、産經新聞の「心の肖像畫」で國語問題について全うな意見を述べてゐたが、この廣告文を讀んで忽ち幻滅。もしも美輪氏に自衞戰爭をも否定する論理的一貫性があるのなら別だが、十中八九さうではないだらう。確かに正義は相對的だが、人間誰しも正義が己に存すると信じずにはゐられない。美輪氏の「正義の戰爭なんて、ありやせん」と云ふ主張自體、一つの「正義」に基づいてゐるではないか。愚かなハリウッド俳優連の例を引くまでもなく、藝人は政治的發言をすべきでない。ファンを幻滅させたくなければ。

 輕薄化の進む岩波文庫の七月新刊に村井弦斎『食道樂(上)』(緑帶)と云ふのが入つてゐるが、どうせまたぞろ新字新假名なのだらう。美輪氏は知つてか知らずか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月24日 (金)

愛國心とは道理も無きこと

 愛郷心 愛國心とは妙なものにて道理もなきことなれど 能くもこの日本といふやうな結構な國に生れたと思ふこと度々あり 何故日本がよきとも思はざれども 赤髯よりは緑髮の方が何となくよき心地するなり また小さくいへばよく伊豫松山といふやうなよき處に生れ よく我内に生れ よくも我親の子となり 能くも我身に生れたるよと思ふことあり 勿論理屈上よりいへば最少し金滿家に生れ 最少し才智ある者に生れたらばと思ふことなきにあらねど 感情の上にてはやはり我身を愛し 我故郷を愛し 我親を愛すること奇妙なり 多くの人も皆かかる感情あらんと思はる

 正岡子規の言葉。岩波文庫『筆まかせ 抄』(39頁)より。

 守るに價する國だから守るのではない。故國だから守る、それだけの事である。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

二つの行動原理

 中西輝政の文章(孫引き)再掲。

 繰り返し言ふが、國の存立のために命を捧げるといふ、これ以上はない崇高な自己犠牲の精神を發揮した人々は、國家が全力をもつて顯彰し、後世に傳へていかなければならない。さうでなければ、國家としての道義心は廢れ、將來の危機において立ち上がれる日本人も期待できないはずである。

 日本が例へば共産主義國になつても、上記の文章は同じやうに通用する事に注意されたい。今は「右傾化」しつつある世の中だから保守派知識人は上のやうな隙のある文章を綴つても平氣でゐられるが、日本が共産主義國になつても知識人は同じやうに「國の存立のために命を捧げるといふ、これ以上はない崇高な自己犠牲の精神」云々と語れるか。アンティゴネーのやうに國に背かざるを得ない場面が無いと云へるか。人間が人間らしく生きる爲には、政治だけではなく、道徳と云ふもう一つの行動原理が必要なのである。

 我々の社會の理想より一段と高い基準がなにもないとすれば、我々はその理想から批判的距離をとることが全くできなくなる。(レオ・シュトラウス『自然權と歴史』、塚崎智・石塚嘉彦譯)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

靖國・政治・道徳

 けふ讀んだ本。

  • 子安宣邦『國家と祭祀』(青土社)
  • 高橋哲哉『靖國問題』(ちくま新書)

 兩書の結論が酷似するのに驚く。まづ子安本。
 

 戰ふ國家を連續させない意志の表示であつた戰爭放棄と完全な政教分離をいふ日本國憲法の原則は、いまいつそうその意義を増してゐるといへるだらう。

 次いで高橋本。

  「第二の靖國」の出現を防ぐには、憲法の「不戰の誓ひ」を擔保する脱軍事化に向けた不斷の努力が必要である。
 要するに日本國憲法第九條を守れと云ふ結論である。子安も高橋も「戰爭は惡」と云ふ命題を絶對視してゐるから、かう云ふ十年一日、いや六十年一日の如き結論にならざるを得ない。しかし戰爭はなぜ惡なのか。兩者の文章には、人間が死ぬからと云ふ理由しか見當たらない。それでは日本軍に對する中國の「自衞戰爭」も又惡だつたのか。いやいや、人間が死ぬのは戰爭に限らぬ。過去の内戰、革命、反革命鬪爭等々が全て惡であり、その惡を正當化・美化するやうな儀式・表象も盡く惡であると子安高橋が斷ずるのであれば、その思想的首尾一貫に敬意を表したく思ふ。

 なほ高橋の江藤淳批判、子安の中西輝政批判には聽くべきところがある。

 江藤は靖國神社を擁護するに當たり、日本文化における「死者との共生感」を根據に擧げたが、それならなにゆゑ「靖國は日本の戰死者のなかでも軍人軍屬だけを祀り、民間人戰死者を祀らないのか」。又、なにゆゑ「靖國は敵側の戰死者を祀らないのか」、就中、なにゆゑ同じ日本人であるにも拘わらず、幕末の賊軍をはじめ「天皇のゐる側に敵対した戰死者は排除する」のか。「日本文化」論を盾にする限り、これらの問ひには答へられない。古來、日本の武將は必ずといつて良いくらゐ、敵側の戰死者を祀つてゐるのだ。

 江藤は靖國が佐賀の亂の叛亂軍を祀つてゐない事を氣にして、かう言つたと云ふ。「國内の戰死者であれば、請願してこれから祀つてもらへばいい」「いまならもうだいぶほとぼりも冷めたから、祀つていただけるかもしれない」。この發言を捉へて高橋は「なんと政治的な祀りであることか」と批判してゐるが、その通りである。靖國は政治的役割を負はされた神社なのである。そして私は、人間がパン無くしては生きられぬ存在である以上、政治は必要だと思ふ。政治的神社も必要だらう。高橋哲哉も子安宣邦も己が國家を率ゐる立場になれば、新たな「國家神道」を必要とするに違ひない、フランス革命時に無神論者のロベスピエールが「最高存在」と云ふ擬似神を必要としたやうに。

 中西輝政はかう書いたと云ふ。

 繰り返し言ふが、國の存立のために命を捧げるといふ、これ以上はない崇高な自己犠牲の精神を發揮した人々は、國家が全力をもつて顯彰し、後世に傳へていかなければならない。さうでなければ、國家としての道義心は廢れ、將來の危機において立ち上がれる日本人も期待できないはずである。
 人間は政治的動物であるから、宗教も政治的役割を負はざるを得ない場合がある。しかし人間は道徳的存在でもあるから、宗教は道徳的役割をも負ふべきである。そしてソフォクレスの悲劇「アンティゴネー」が示すやうに、政治と道徳とは對立する局面がある。中西の發言には、さう云ふ對立を想定した緊張感が微塵も無い。そもそも國家に道義心など無い。國家にあるのは政治だけである。政治と道徳、國家と個人の二元論に立つ靖國論を讀みたく思ふ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年6月12日 (日)

國語の破壞についての簡潔な報告

 最近の、と云つてももう大分前からだが、岩波文庫の國語表記は非道い。黄帶(日本文學[古典])・緑帶(現代日本文學)で文語文の著作は歴史的假名遣で表記する事になつてゐるが、振假名は「現代かなづかい」が大半である。

 たけき者も遂[つい]にはほろびぬ、偏[ひとえ]に風の前の塵に同じ。(『平家物語(一)』 1999年7月16日第1刷)

 歴史的假名遣は「つひに」「ひとへに」である。

 よしや惜[おし]むとも惜みて甲斐なく止めて止まらねど、仮令[たとえ]ば……(幸田露伴『五重塔』 1995年11月15日第89刷)
 歴史的假名遣は「をしむ」「たとへば」である。

 これが青帶(日本思想、東洋思想等)になるともう無法地帶で、文語文の著作でも「現代かなづかい」で表記されてゐる。

 諺にいわく、腹は背に替え難し。(福沢諭吉『文明論之概略』 1996年12月10日第3刷)
 歴史的假名遣では「いはく」「替へ」である。
 秀吉の信長に仕えたるは天文の末、弘治の始にてその齢二十前後の時にあるべし。(山路愛山『豊臣秀吉(上)』 1996年2月16日第1刷)
 歴史的假名遣では「仕へ」である。この『豊臣秀吉』では御叮嚀に、愛山が引用した古文書まで「現代かなづかい」に改められてゐる。例へば次は「吉田物語」の一節。
 一には信長の野心限りなく、漸く国境を犯されんとするを危く思い、義昭の依頼を好機会として喧嘩に名義を附けたる事情もあるべし。毛利家既に敵となりたる上は信長再び包囲攻撃の逆境に陥りたるものなれば、本願寺も此に生気を吹き返えし更に敵対の色を顕わしたり。
 歴史的假名遣では……面倒なのでもう書かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「正」字の擁護

 當ウェブサイトの副題「正漢字・歴史的假名遣による硬派の言論サイト」を「正漢字・正假名遣による~」に變更。漢字・假名遣とも「正式な書式」に隨ふ旨を明確にする爲。

 「正」と云ふ字を使ふと何故かいきり立つ人が時々ゐるが、正漢字・正假名遣の「正」は、「正義」の正にあらず、「正式」の正である。「正座」の正と云つても良い。誰でも改まつた場では膝を折り曲げ踵を尻の下に入れて座る。その座り方を正座と呼ぶが、「正しい座り方」とは怪しからん、胡座を差別するのか、と怒る人はゐない。だから怒らないやうに。

 漢字の場合、活字の新字も手書きでは傳統的な正式の字體だつたり、活字の手本となつた康煕字典に結構好い加減な字體が多かつたりと云ふ事情があり、假名遣に比べ「正式な書式」が定まりにくい嫌ひはある(正假名遣の決め方にも微妙な部分はあるのだが)。それでも、「正字」と云ふ呼稱を排除するには及ばないと愚考する。例外はあるものの、「正字」は概ね正統的字體を表してゐる。私は「正漢字」と云ふ言葉に、「漢字には正式な字體と云ふものがあり、現行の新字はそこから逸脱してゐる」と云ふ啓蒙的メッセージを込めたいと思ふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

天皇と保守主義

最近買つた本。

  • 中川八洋『皇統斷絶』(ビジネス社)
  • 八木秀次『本當に女帝を認めてもいいのか』(洋泉社新書y)
  • 八木秀次『「女性天皇容認論」を排す』(清流出版)
  • 八木秀次『國民の思想』(産經新聞社)

『皇統斷絶』では高森明敕、松本健一、福田和也、中西輝政らが嚴しく批判されてゐて、比較的高く評価されてゐる數少ない保守派言論人が八木秀次である。

皇位継承者は男系男子に限るべきであると云ふ中川・八木の主張自體には贊成。
しかし、大半の日本人が天皇について深く考へようとしないぐうたらぶりこそ深刻かつ本質的な問題であらう。それは「戰後民主主義」だけが原因ではない。
中川も八木もイギリスのエドマンド・バークを近代保守主義の始祖として尊敬するのだが、萬世一系の天皇がしろしめす我が日本國は一人のバークもトクヴィルも生まなかつた。そこに問題の本質が存するのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

放映案内

放 映 案 内 http://www5b.biglobe.ne.jp/~kokugoky/bunka-sakura2.htm

福田恆存先生歿後十年記念講演


昨年十一月二十日に開催された本會の、第七十五囘創立四十五周年・福田恆存先生歿後十年記念講演會における二氏の御講演

小堀 桂一郎「福田恆存と國語問題」

松原 正「福田恆存の思ひ出」

「日本文化チャンネル桜」による放映日時が決定しましたのでお報せします。

御講演は二時間特番として、七月二日の深夜に放送されます。正確には、日が更つた三日(日)の、
午前零時~午前二時です。
また、再放送は同三日午前十時~十二時に豫定されてゐます。


・・・・・・・・・・・・・・


株式会社 日本文化チャンネル桜
http://www.ch-sakura.jp/

日本文化チャンネル櫻は、衞星放送「スカイパーフェクTV」のCH767です。視聽には加入が必要です。申込等の詳細については、同社のホウムペイジを御覽下さい。
なほ、同社の「カスタマーサービス」窓口が、加入登録等の協力をしてくれるとのことですので、視聽希望の方は、東京03-6419-3900へ電話してください。その際、協議會HPで放映案内を見たと告げてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »