« 國語問題協議會總會及び講演會御案内 | トップページ | 放映案内 »

2005年5月29日 (日)

大阪講演會終了

 大阪講演會事務局の皆樣、お疲れ樣でした。大變樂しい會でした。福岡のOさんも無事にお歸りになつたでせうか。

 今囘の講話のメモ。

 *人間が度し難く惡い存在であると云ふ認識があつて初めて道徳が必要になる。
 *教育とは現場の教師の人徳で生徒を治める事が全て。知識人の空理空論は役に立たない。
 *西洋の知識人の知的誠實・知的剛勇。ジョージ・スタイナーのヒトラー論。
 *日本語の「ゆるす」の語源は「ゆるくす」。人と人とが赦し合ふ文化。西洋は神が人を赦す文化。
 *幾ら教養を積んでも人間の獸性を消し去る事は出來ない、と云ふやうな本質論を日本の知識人は誰も書かない。
 *シェイクスピアの作品はそれまでの文學に比べ人間中心的な性格が強いが、それでもシェイクスピアは神に一目も百目も置いてゐた。
 *J.S.バッハの「アリア」のやうな世俗音樂でさへ、人間を超えた崇高なものへの憧れ無しには書けなかつた筈だ。
 *日本が鎖國の昔に返れない以上、西洋の流儀を學ばなければならない。
 *岸信介曰く、戰後の政治家は活字を恐がる。
 *日本人は仲間内でかく恥には敏感だが、國を擧げて晒す恥には極めて鈍感。
 *Nein(否)と云へないのは人間ではない。或るドイツ兵の言葉。
 *ヒトラーの惡口を云ふ若き同胞を窘めたユダヤ人。「君は心の中のガラクタを吐き出してゐるだけだ」。スタイナーの作品より。北朝鮮や中國の惡口を書いてばかりゐる日本の知識人との天文學的隔り。
 *一朝一夕に片付かない問題が存在する事すら日本人は氣づかない。
 *外國や他人を幾ら罵つても自分が悧口・立派になる譯ではない。
 *東郷大將も魚屋の親父も掏摸も人殺しも誰もが持つてゐる大和魂。生殖器と同じで自慢するものではない。
 *「天」は絶對神と異なり極めて曖昧なもの。
 *「天皇制」には良いところと惡いところがある。良いところだけ摘み食ひは出來ない。
 *ヤーウェが人間を罰するとしたら、西部邁が云ふ金儲け主義などではなく、傲慢を罰するのである。
 *ベケットの「ゴドーを待ちながら」について論じようとされたところで時間。十一枚の原稿のうち五枚分しかお話しになれなかつたさうです。

 なほ、「日經ビズテック」最新號が先日發賣になりました。http://bpstore.nikkeibp.co.jp/item/main/148222223730.html

|

« 國語問題協議會總會及び講演會御案内 | トップページ | 放映案内 »

コメント

昨日はお世話様でした。少し舞い上がってしまった所為なのでしょう、帰路はへろへろになってしまい、何とか自宅に辿り着いたという体たらくです。

懇親会の席で先生が仰られた、ピアニスト内○光○への批判は、非常に面白いものだと思います。確かに、クラシック音楽と非西洋人演奏家との関係とは、ともすれば自己の位置づけと対立しかねないものであり、ヨー=ヨー・マがこれを問題とするのも、当然至極ではあります。なれば、この問題に苦悩し、あるいは正面からぶつかろうとする日本人がいても不思議ではないはずです。しかし、現実は逆で、西洋に「へらへら笑いながら」迎合して、さも自分が西洋を理解したかの如く振舞う日本人が少なくありません。
自己の位置づけをなおざりにし、彼岸に迎合するかの如き態度は、所謂日本の「知識人」にも共通する病理でしょう。「保守」を自称しながら、横文字をそれらしく並べ立てる西部邁は、まさしくその代表例ですね。

投稿: 岡崎@福岡の○ | 2005年5月30日 (月) 22時03分

 お疲れ樣でした。

 モーツァルトは手紙で屡々眞面目に神を讚へてゐるのですが、日本では下ネタの部分ばかりが喜ばれますし。

 聖書は讀まれないのに、『ダヴィンチ・コード』がベストセラーになつてみたり。

投稿: 木村貴 | 2005年5月31日 (火) 04時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/4332221

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪講演會終了:

« 國語問題協議會總會及び講演會御案内 | トップページ | 放映案内 »