« 「反省」の沒道徳 | トップページ | 日本のメッセージ »

2005年4月 8日 (金)

國家と國民

 資本主義國で、國を相手取つて訴訟を起こす事は、納税者全員を訴へるのと同じである。或る政策に贊成したか反對したかを問はず。

 共産主義國で、國を相手取つて訴訟を起こす事は、現實的にも論理的にも不可能である。

|

« 「反省」の沒道徳 | トップページ | 日本のメッセージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/3609739

この記事へのトラックバック一覧です: 國家と國民:

« 「反省」の沒道徳 | トップページ | 日本のメッセージ »