« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月28日 (火)

或る松原信者の辯

 燒鳥屋で樂しい一時を過ごす。以下醉つた勢ひで雜感。

 松原正ファンの中に時々、「私は松原信者ではない」と斷る人がゐる。察するに、自分は松原氏の云ふことを全て無批判に受容れる主體性の無い人間ではないと釘を刺しておきたいのであらう。しかし熱烈なる松原信者の私に云はせれば、それは贅言に過ぎない。松原氏がその著作や講演で何よりも強調してゐる事、それは「自分の頭で論理的に考へよ」と云ふ一語に盡きる。従つて、眞の松原信者であれば、たとひ「教祖」自身の發言であつても、それが正しいか否かを自分の頭で論理的に吟味し、然る後に「信者」であり續けるかどうかを決斷してゐる筈である。換言すれば、自分の頭で松原氏の發言を吟味してゐると自負する者は、「松原信者ではない」などと斷る必要は無い。寧ろ、「松原信者である」と臆面もなく公言すべきなのである。私のやうに。

 口語譯の現代版聖書で洗禮を受けた人間は基督教徒として信用出來ないと云ふ話。全く同感である。聖書に書いてあるではないか、「太初(はじめ)に言(ことば)あり」。言葉の重要性を知らない者は文化を知らないのであり、文化を知らない者は人間を知らないのであり、人間を知らない者が人間を救へる筈がないのである。

 政治と文學。政治的に行動しようとすれば妥協が必要である。金を集める實力が必要である。文學は理想を追求するがゆゑに、政治の立場からすれば「何を暢氣な事を」と感ずる場面もあるだらうし、事實、極樂蜻蛉としか表現出來ない獨善的な文學者(哲學者・言論人)も少なくない、いや、さう云ふ連中の方が壓倒的多數派である。にも拘はらず政治に先行する領域として文學は必要であるし、政治家や政治活動家はその必要性を忘れるべきではない、と書いて締め括らうと思つたが、現代日本に於いて政治家や政治活動家の心を動かすだけの思想を持つ言論人がどれだけゐるだらうかと云ふ疑問に再度思ひ到り、何とも齒切れの惡いまま寢る事にする。お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月25日 (土)

日本人と言論

 通常、左翼思想(主として日本ではマルクス主義)はその反對の右翼思想とは無關聨のやうであるが、私は戰前の右翼思想とくに革新右翼に對するマルクス主義の影響は強かつたと思ふ。いつたい、それはどういふことであらうか。まづ、第一に右翼思想でもブルジョアといふものを惡く見る傾向があるが、これは左翼思想の影響である。(中略)第二に、マルクス主義は革命ロマンチシズムを鼓吹したといへる。(中略)第三に、マルクス主義では所有關係の變更が目的とされてゐる。(中略)右翼思想のなかに私有財産制度を制限することにおいて計劃を發表したのは北一輝であるが、やはり、この考へ方から天皇に對する財産奉還論が生まれてくるのである。(中略)第四に、暴力を使ふことが同じである。(中村菊男『嵐に耐へて――昭和史と天皇』 PHP研究所、昭和四十七年。改行省略)
 合理主義を輕視する傾向に於いても、日本の右翼思想はマルクス主義に似通つてゐる。日本人はマルクス主義の影響を受ける前から合理主義を輕視して來たのだから當然だ。マルクス主義は科學を標榜した癖にさつぱり科學的ではなかつたが、少なくも西洋のマルクス主義者の中には、マルクスの主張の缺陷を理詰めではつきりと指摘したベルンシュタインのやうな人間がゐたのである。

 ミニコミ誌「月曜評論」は、編輯綱領で「左右の全體主義と戰ふ」と謳つてゐた。しかしベルリンの壁が崩潰し、日本では「右」に加へて「左」も立枯れとなり、月曜評論もお役御免となり休刊に追ひやられた。それでは大手マスコミ以外の言論はもはや不要なのか。さうではあるまい。左右の全體主義は消えても、その背後にあつた非合理的思考と情緒主義は、今なほ日本人の缺點である。中村菊男は上に引用した文章のやや後で「ムードに弱いのが日本人である」と書いてゐる。ムードに流されやすい同胞に警鐘を鳴らす言論は、これからも間違ひなく必要である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月22日 (水)

差異と普遍

 このやうな驚くべきことがどのやうにして可能となるのだらうか。言語學者と認知科學者は、若干の嫉妬も込めて、子どもは生まれながらにして、スタート地點がかなり有利なのだといふ結論に達した。もともと、子どもは言語を學ぶための特別のしくみをもつてゐるやうに見える。このやうな特別のしくみがどのやうなものからできてゐるかは誰にもわからない。おそらく、人間の言語はどのやうなものかといふ知識と、どのやうな音と構造が言語には含まれてゐるのかといふ知識、それにそのやうな音と構造を認識する策略が關はつてゐるのだらう。言語學者はこのやうな生まれながらのスタート地點を「普遍文法」と呼んでゐる。(マーク・ベイカー『言語のレシピ――多樣性にひそむ普遍性をもとめて』、郡司隆男譯、岩波書店)

 恐らくノーム・チョムスキーの唱へた「普遍文法」は正しい發見なのだらう。彼の政治的信條がどうであらうと。人間はどの國に生まれても生後せいぜい二年でその國の言葉をほぼ文法の誤り無く話せるやうになる。人間の多樣な言語の背景に普遍的な法則が存すると考へるのが自然であらう。相對主義を正義とした近現代の人文・社會科學は民族間の差異を強調し過ぎた。アメリカ人もサモア人もドイツ人も支那人も日本人も、同じ人間である以上、何らかの普遍的な性質を共有する筈である。人類の普遍性を忘れるべきではない。

 にも拘はらず、民族間の差異は依然として重要である。人間は互ひの集團的差異を非常に氣に懸ける動物だからだ。支那語も日本語も所詮同じ法則に基づく言語なのだから日本人はこれから支那語を公用語にすれば良い、と云ふ話にはならないだらうし、その逆も然りだらう。人間の頭骸骨はどれでも同じやうなものなのだからお前と俺の女房を取り替へよう、と云ふ話にならないのと同じである。人間について考へる際には、普遍性と差異性の雙方をしつかりと見据ゑるべきなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月17日 (金)

晝休み

 遲い晝休み、神田神保町の古書市で某さんと鉢合はせ。明日も宜しくお願ひ致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引用とは何か

 「現代かなづかい」で書かれた文章を正假名遣ひに直して引用する事への反對意見には、主に(1)原文の表記が正假名遣ひであるかのやうな誤解を招くから(2)原著者の氣持ちを害するから――と云ふ二つの論據があるやうである。一部繰り返しになるが、それぞれの論據について反論を加へておく。

 まづ(1)であるが、そもそも文章を讀む者は、引用時に表記の變更があり得る事こそ常識だと辨へるべきである。私が繰り返し引き合ひに出す外國語からの飜譯を伴う引用はその端的な例だが、日本語にしても、例へば萬葉集から「ささの葉はみ山もさやにさやげども吾は妹おもふ別れ來ぬれば」と引用されてゐるのを見て、「萬葉集は漢字假名交じり文で書かれてゐる」と思ひ込む讀者もゐるだらう。勿論、實際には全て萬葉假名、すなはち漢字で書かれてゐる。それでは人麻呂の歌を漢字假名交じり文に直して引用した筆者は責められるべきなのか。斷じて否。

 此處で反論があり得よう。「『原文は全て漢字』と斷り書きを入れるべきである」。それは文章全體の趣旨による。參考書や古典入門書の類であれば入れた方が良い場合もあろう。しかし、或る程度教養のある讀者、或いは「これは原文通りでないかもしれない」と察する常識を持つ讀者を想定した文章で、一々「原文は全て漢字」などと書くのは、讀者を馬鹿にした行爲であり、徒に煩雜なばかりである。

 「教養や常識の無い讀者も讀むかもしれないではないか」と食ひ下がる向きがあるだらうか。それには一言、「教養や常識の無い者にどこまでも水準を合はせると云ふ思考、それこそ現代日本の病理である。『現代かなづかい』の横行もその一症状である」と答へよう。

 ところで私は萬葉集の原典を見て人麻呂の歌を引用したのではない。佐佐木信綱編の岩波文庫版から引用したのである。但し、文庫本では「さやげども」の箇所を振假名附で「亂げども」と表記してある。引用に當たり、讀みやすいやうに表記を變更したのである。私の主張を讀者に效果的に傳へると云ふ目的の爲に、必要かつ正當な表記變更であると判斷したからである。「亂げども」では讀み方が氣になつて思考の働きを邪魔するだらうし、「亂(さや)げども」では圓滑に讀み進めず思考の流れが滯るだらう。さらに、原典を讀みやすい現代國語に改めて一般讀者の利用に供すると云ふ佐佐木信綱自身の方針に鑑みて、「亂げども」を「さやげども」と書き改めて引用する行爲は許容され得る。引用とは、少なくもこの程度の判斷と決斷を伴ふ知的行爲なのである。

 引用は原文の單なる紹介ではない。引用者自身の主張を效果的に傳へると云ふ目的の爲に行ふものである。明確な目的意識を持つ筆者は(優れた筆者は必ず明確な目的意識を持つのだが)決して機械的な「原文尊重」には滿足し得ない。いやいや、そんな極端な「原文尊重」主義者は存在し得ない。誰だつて外國語や古典は自分達の都合に合はせ、現代國語に直して引用してゐるのである(飜譯書や古典全集の類からの引用は、他人に「現代國語に直す」行爲を肩代はりさせてゐるに過ぎない)。ならば何故、假名遣ひの變更だけが非難されねばならぬのか。そのやうな非難に正當な根據は無い。

 (2)原著者の氣持ちを害するから、については後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月10日 (金)

國語と權力

 ――お前は頻りに言論の自由を強調するやうだが、「現代かなづかい」による言論の自由も認めるのか。

 認める。のみならず、「瞬間」を「とき」と讀んだり、「シクラメンのかをり」を「シクラメンのかほり」と書いたり、著作權者の諒解が取れればローマ字で福田恆存著作集や松原正著作集を出版したりする自由も認める。

 ――それはお前の持論と矛盾するのではないか。

 矛盾しない。「瞬間」を「とき」と讀んだり、「かをり」を「かほり」と書いたり、日本語をローマ字で表記したりするのは愚劣だと思ふが、愚劣か否かと云ふ事と、その言論を法的に封じるべきか否かと云ふ事は次元を異にする問題である。自由には「愚行をやらかす自由」も含めるべきである。勿論、愚行を批判する自由も確保されてゐればの話だが。

 ――愚劣な國語表記が罷り通つても良いのか。

 良いとは思はない。國語表記は正しく書くべきである。間違つた表記・表現を推獎する積もりは無い。だが抑も國語表記とは法律や國家權力で押し附けるべきものではない。日本人は何かと云ふとお上の權威に縋り附きたがるが、國語に限らず、凡そ文化とは權力で押し附けるべきものではない。

 ――福田恆存は愚劣な國語表記に反對したではないか。

 福田恆存が政府やその提燈を持つ知識人を攻撃したのは、國家が國語を捩ぢ曲げようとしたからである。國家が國語に對して狼藉を働いたからその介入を排すべく已むなく立ち上がつたのであつて、國家權力を以て特定の國語表記を押し附けようとした譯ではない。言論を以て國民を説得せんとしたのだ。

 ――國語が亂れた時には國家の介入も必要ではないか。

 否。カイザルの物はカイザルへ、神の物は神へと云ふ言葉があるやうに、政治と文化は別の領域に屬する。權力の力を頼む者はいづれ必ず權力に媚びる事になる。權力依存は兩刃の劍である。

 ――では現在の國語政策を放置すれば良いのか。

 違ふ。國家が權力を嵩に正しい國語表記を妨げる場合には斷乎抗議すべきである。しかし權力によつて或る表記の使用を人に強制する事は出來ない。偶々強制出來たとしても何處かに變調を來す。人が或る表記で讀み書きする事を本心から撰ぶ爲には權力以外の何かが必要である。知識人の役割は其處にある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月 7日 (火)

歌の文句

 歌詞が愚劣だからと云つて、必ずしもその歌が詰まらぬとは限らない。サザンオールスターズの歌には普通の文章なら不必要な英語がこれでもかと出て來るが、あれは民謠の「エンヤートット」「ヤッショーマカショ」の類だと思へば腹も立たない。まあ何事にも限度はあるが。

 輕薄な流行歌とは對極にあると思はれてゐる軍歌が必ずしも立派な國語で書かれてゐるとも限らない。「父よあなたは強かつた」と云ふ歌があるが、全うな日本人なら、自分の父親を「あなた」などとは呼ばないものである。ついでに云へば私は軍歌は餘り好かない。建前しか歌はれてゐないからである。本居宣長が軍歌を聴いたなら、「まごころ」が無いと斷じて疎んずるに違ひない。いつの時代も建前は必要だが、少なくも建前だけの宣傳役を藝術と呼ぶ事は出來ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌詞の引用

 ところで歌の文句を引用する際、手元に歌詞カードが無く、耳で聽いた言葉だけを頼りに引用した場合、もしそれが歌詞の表記と食違つてゐたら、無禮な行爲をやらかした事になるのだらうか。

 流行歌には「瞬間」を「とき」だの、「幻影」を「ゆめ」だの、「シクラメンのかをり」を「シクラメンのかほり」だの、愚劣極まる宛字・表記が頻出するのだが、これを「時」「夢」「かをり」と「正しく」表記したら、無禮呼ばはりされなくてはならないのだらうか。たとひ歌詞の原文を知つてゐても、「こんな愚劣な表記では書けない」と斷つたうへで「正しい」表記に改めて引用する事は無禮なのであらうか。私には作詞者の方が國語に對して無禮な行爲をやらかしてゐるとしか思へないのだが。

 「現代かなづかい」で書かれた文章も同じく愚劣である。だから私はせめて引用する際にはまともな國語に直してゐるのだが、原文尊重主義者には此が氣にいらぬらしい。これ以上書くとまたぞろ喧嘩になるから止めておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス近づく

 槇原敬之のクリスマス・ソングに「『クリスチャンでもないのに』、さう思つてゐたけれど」と云ふ一節がある。私も以前は「キリスト教徒でもあるまいに、何がクリスマスだ」と業腹に思つてゐたのだが、今は考へを改めた。日本人にとつては、サンタクロースも幼子イエスも聖母マリアも八百萬の神の一人に過ぎない。國際化時代に生きる普通の日本人ならクリスマスを祝つて當然なのである。

 日本でクリスマスが正月に近くなければ、これほど盛大には祝はれなかつたかもしれない。ヨーロッパでもクリスマスの祝ひは土着の農耕的祝祭とキリスト教の教義が習合して生まれた。しかし、西洋と日本の間には大きな相違がある。

 例へばヨーロッパでは春の復活祭をクリスマスと同じくらゐ盛大に祝ふ。其の頃になると、レコード店にキリストの復活の經緯を歌ふバッハのマタイ受難曲が大量に竝ぶ。しかし日本では復活祭を祝ふ風習は無いし、レコード店にCD三枚組のマタイ受難曲が積上げられる事も無い。そもそも復活と云ふ概念は日本人に縁遠いのである。日本人は死ねば守り神となり、故郷の山の頂から子孫の暮らしを見守り續ける。復活する必要は無いのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »