« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月23日 (土)

驚き得ぬもの

 西洋人は、その知の歴史を通じて、常に、いかなるカテゴリーにもそれを成り立たせるための必要十分條件があると信じてきた。たとへば、正方形は長さの等しい四本の線分と四つの直角からなる二次元の對象物である。これらの特性を缺いてゐるものは決して正方形たりえず、これらの特性を備へてゐるものは必ず正方形である。/しかし、ルードヴィッヒ・ヴィトゲンシュタインは、その著書『哲學探究』のなかで、西洋における必要十分性の體系を打ち崩した。ヴィトゲンシュタインは、「ゲーム」「政府」「病氣」といつた複雜で興昧深いカテゴリーに當てはまる必要十分條件を確立することは決してできないだらうと述べた。/ヴィトゲンシュタインの議論には、最も分析的な西洋人哲學者たちさへ、大いに納得(といふよりむしろ狼狽)させられた。たとへ面白くないものでも、たとへ一人でプレイするものでも、たとへその主目的がお金を稼ぐことであつても、それはゲームたりえる。逆に、たとへ面白いものであつても、たとへ數名の人々が樂しい相互作用を通じて行ふ非生産的な活動であつても、それは必ずしもゲームとは限らない。一方、かうしたヴィトゲンシュタインの指摘が東洋で必要とされることはなかつた。「複雜なカテゴリーを規定する必要十分條件はない」と宣言したところで、東洋人がそれに驚くことなどまづあり得なかつただらう。(リチャード・E・ニスベット「木を見る西洋人 森を見る東洋人」、村本由紀子譯、ダイヤモンド社)

 世界は複雜であり、簡單な「必要十分條件」に還元出來るほど單純なものではないと云ふ信念は、日本人の間に廣く行渡つてゐる。だからニスベットが云ふ通り、「複雜なカテゴリーを規定する必要十分條件」の存在を否定したヴィトゲンシュタインの主張を讀んだところで、「驚くことなどまづあり得な」い。ところが實際には、西洋人の思考を自らのものとした訣でもないのに、ヴィトゲンシュタインの哲學に大仰に驚いてみせるインテリが我國には少なくない。滑稽千萬である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月22日 (金)

オフ會終了

非常に樂しい會でした。國語問題にも明るい展望が。又やりませう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004年10月19日 (火)

オフ會

「言葉言葉言葉」「地獄の箴言」共催緊急オフ會

日時:十月二十二日(金)夕刻より
場所:都内某所

共催者が國語問題の將來に就いて一瞬打ち合はせの後、飲食の豫定。
合流を希望する方は木村kimura39@nifty.comまでメールを下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月14日 (木)

政治と二元論

 けふの一言。

 政治の中には複雜で背反する人間の性情が含まれてゐる。政治が、パスカルのいふ「天使でもなく野獸でもない」人間の現象であり、ゲーテのいふやうに、「天よりは最も美しい星を求め、地よりは最も大なる快樂を求める」ところの人間性の反映である以上、それは當然のことである。ただ欲望と本能だけで行動する人間も少ないであらうが、ただ理性と良心のみで行動する人間もないであらう。從つてこのやうな人間の多數が集つて營んでゐる政治が、一つや二つの純粹理念で成立するといふことはあり得ず、政治はむしろ理想と現實、進歩と保守、連帶と鬪爭、個人性と社會性、遠心力と求心力、パトスとロゴスといふやうな、あらゆる二元的な要素の結合にほかならない。この故に政治の「理」は、一つや二つの純粹理念で、形式論理的に筋が通つてゐるといふことにあるのではなく、相反する人間の性情を調和させ、人間の感情も、本能も、弱さも、不完全さも含めた上での「道理」でなければならないのである。(矢部貞治「政治學入門」、講談社學術文庫)

 矢部貞治は二元論の重要性を知つてゐた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月13日 (水)

デリダ死す

 フランスの著名哲學者ジャック・デリダさんが8日深夜から9日未明にかけて、膵臟がんのためパリの病院で死去した。74歳だつた。AFP通信などが傳へた。/1960年代以降、プラトンからニーチェ、ハイデッガーまでの西洋哲學全體を尖鋭的に批判・解體し、西洋中心主義を問ひ直す「脱構築」の思想を展開。テキストを異なる視點から讀み替へる手法は、世界の思想・文學などの研究に大きな影響を與へた。(「佛哲學者のジャック・デリダさん死去」)

 デリダの文章は例へば次のやうなものである。

 資本主義理論を檢證しようとすれば、ひとつの選擇に直面する。ネオテクスト的な唯物論を斥けるか、それとも社會は客觀的な價値をもつと結論するかといふ選擇である。もし辨證法的な脱状況主義に固執するならば、われわれはハバーマス的なディスクールとコンテクストのサブテクスト的パラダイムとのあひだで選擇をしなければならない。主體が、眞理を實在として含むテクスト的國家主義のコンテクストに組み込まれてしまふのだといふことができる。ある意味で、コンテクストのサブテクスト的パラダイムと云ふ前提は、實在が集合的無意識に由來すると述べてゐるのである。

 ……この素晴らしい文章に關しては後で記さう。新刊書店の哲學書の棚を覗いたら、何新聞か不明だが訃報のコピーが掲げてあつて、淺田彰のこんな談話が載つてゐた(メモ帳に急いで書き寫したが、間違ひは無い筈)。

 ニヒリスティックな言葉遊びではないかといふ批判を呼んだが、やむなくさうなつてゐたのであつて、要約の暴力に逆らつた點は尊敬に値する。

 「要約の暴力」とはよく云つたものだ。慥かに上に掲げたやうな文章を他人がどのやうに要約してみせても、デリダは「俺の云ひたい事はそんな事ではない」と幾らでも言ひ逃れ出來よう。要するに、要約出來ないのである。それにしても、上の談話を讀む限り、淺田は結論としてはデリダの文章を「ニヒリスティックな言葉遊び」と認めて仕舞つてゐるが、それで良いのだらうか。褒め殺しと云ふ奴だらうか。

 ところで、「資本主義理論を檢證しようとすれば」で始まる上の華麗なる文章だが、實はデリダの文章ではない。生物學者のリチャード・ドーキンスが「ポストモダニズム・ジェネレーター」なるコンピューター・プログラムを利用してでつち上げた、出鱈目な文章なのである。「これはデリダの文章ではない」と看破つた讀者がゐたら御聯絡ください。別に何も上げませんが。ドーキンスによれば、この文章の「製造法」は下記の如くである。

 http://www.elsewhere.org/cgi-bin/postmodern/といふサイトを訪れるたびに、それは、非の打ち所のない文法的原則を使つて、自動的に、今まで見たこともない、とてもすばらしいポストモダンの論述をつくりだす。そこにちよつと立ち寄つてみたところ、それは私のために、「ケンブリッジ大學英文學科のデイヴィッド・I・L・ヴァーサーとルドルフ・ドゥ・ガルバンディエ」(そこには詩的正當性がある。なぜなら、ジャック・デリダに名譽學位を與へるのがふさはしいとみなしてゐたのはケンブリッジ大學だつたからである)による「資本主義理論とコンテクストのサブテクスト的パラダイム」と題する六〇〇〇語の論文をつくりあげた。(「假面を剥がれたポストモダニズム」、『惡魔に仕へる牧師』所收、早川書房)

 ケンブリッジ大學云々とは、デリダが一九九二年に同大學から名譽博士號を授與された事を切掛けにその業績に對する賛否両論が巻き起こつた經緯を指す。ポストモダニズムの徒らに晦澀なばかりで空疎な文章をパロディでからかつてみせたドーキンスは、さらに辛辣にポストモダニズムの知識人を批判する。

 あなたは、とくに言ふべきことをもたない知的詐欺師なのだが、學間の世界で成功し、崇めてくれる弟子連中を集め、あなたの著書のぺージを叮嚀に黄色のマーカーで塗りたくる學生を世界中にもちたいといふ強い野心をもつてゐると假定してみてほしい。あなたはいかなる文體をつくりあげるだらう? 明快な文體でないのは確かだらう。なぜなら、明快さは、中身のなさを露呈させてしまふからだ。おそらくあなたは、次のやうな類の文體をつくりだすことになるだらう。

 この後、引用されるのはフェリックス・ガタリの文章である。デリダで肩透かしを喰はせて仕舞つたので、「本物」を紹介しておかう。

 ここに明らかなとほり、線上に竝んだ有意的な鎖の環、あるいはこの著者たちのいはゆる原エクリチュールと、この多指示的・多次元的な機械状の觸媒作用との間には、一對一の對応關係はいつさい存在しない。尺度の對稱性、横斷性、それらの擴張の非論證的な直感的性質――これらすべての次元が、われわれを排中律の論理から脱出させてくれるし、先ほど糺彈の的とした存在論的な二項對立を斷念するわれわれの立場を強化してくれる。

 さらにジル・ドゥルーズ、ジャック・ラカンと云つた「知的詐欺師」の大物達の文章が俎上に載るが、頭がをかしくなりさうなのでもう止める。ドーキンスの文章は、數年前に岩波書店から邦譯の出たアラン・ソーカルとジャン・ブリクモンの『「知」の欺瞞』に對する好意的な書評である。その岩波がいまだに「ポストモダン・ブックス」などと云ふシリーズを續々と出してゐるのは、ポストモダニズムの巨頭を「崇めてくれる弟子連中」や「著書のぺージを叮嚀に黄色のマーカーで塗りたくる學生」が後を絶たないからなのであらう。さすが日本は先進國である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年10月 5日 (火)

ダブル・スタンダード

 民主主義國については、ごくわづかな自由の侵害すら非難する者が、共産主義國については、その犯罪を過失とみなし、西洋の敵意に誘發された強迫觀念の副産物だと考へる。説明を要するのは、このダブル・スタンダードを採用してゐるのがラディカルな人たちではなく、自分たちの洗練さを誇りにしてゐる人たちだといふことだ。他國と同じやうにロシアを評價すると、何も知らないといふ烙印を押されてしまふのだ。(エリック・ホッファー『安息日の前に』、中本義彦譯、作品社)

 ホッファーはこの日記を一九七五年に書いたのだが、「共産主義國」を「イスラム教國」と書換へれば、現在でも通用する批判である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演會終了

盛會の裡に終了致しました。お越しくださつた皆樣、有り難う御座いました。來年も宜しくお願ひ申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »