« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月27日 (月)

再掲・松原正先生東京講演會

松原正先生東京講演會
(内容は前囘掲載したものと同じです)

【日時】平成16年10月2日(土)午後1時30分受附開始、2時開演
【會場】早稻田奉仕園「日本キリスト教會館」6階會議室  東京都新宿區西早稻田二丁目3-1  電話(03)3205-5411
【交通】山手線、西武新宿線、地下鐵東西線「高田馬場」驛より早大正門前行バス「西早稻田」下車徒歩2分。又は東西線「早稻田」驛下車徒歩5分。 MAP・構内図
【參加費】2000圓(講演會終了後の午後5時から、同じ階の「フォークトルーム」で懇親會を2時間程度行ひます。輕食附、要別途3000圓。當初豫定してゐた小ホールから會場を變更しましたので御注意ください)。
※事前豫約は不要です。講演會・懇親會どちらか一方のみの參加も可。
【主催】松原正先生を圍む會(問合せ先 木村貴 kimura39@nifty.com 地獄の箴言

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004年9月25日 (土)

「リンクだけで○○○をやらない奴は卑劣漢」

http://6006.teacup.com/aleksey/bbsは管理會社により閉鎖された。アレクセイはhttp://members.goo.ne.jp/home/noz-watcher/の掲示板で馬鹿全開。

知らん顔しないで、早くホームページへのリンクを貼りなさいよ(笑)。
もう一度言います。「読者の利便」を考えて、書き込みの度に、ホームページのアドレスを書き込んで下さい。――これで理解できましたか?
で、どうしてホームページアドレスを、出し渋るんです。読者のみなさんに、知ってもらいたくないようなホームページなんですか?

「noz-watcher 's BBS」に辿り着いた讀者で、野嵜氏のサイトを知らない人間は普通ゐないと思ふ。そもそも野嵜氏は疾くに投稿中で自分のurlを記してゐるし。それに對してアレクセイは「投稿中に一度書くだけでは不十分。投稿する度に表示しろ」と迫るのであつた。
此れを見て思ひ出したが、アレクセイが別名義ホランド(自稱「友人」)で主張するには、ウェブサイトを持つてゐる者同士が論爭した場合、相手の発言にリンクを張るだけでは不十分ださうです。何をしなければならないでせう。詳しい解説附の解答はこちら。面倒な方はこの記事の續きを見よ。

続きを読む "「リンクだけで○○○をやらない奴は卑劣漢」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月24日 (金)

經驗から云ふと

 アレクセイ氏が批判されてゐる。
 http://6006.teacup.com/aleksey/bbs

途中で2chで宣伝しろという内容に変わっているが、野嵜氏の被害者の精神的なサポートが目的であるならば、わざわざ2chのような、最も信頼性の乏しい場所で宣伝するのは逆効果だと思う。 詰まるところ、アクセレイ氏の目的は「2chなどで野嵜氏を貶める発言をしてもらうこと」であり、本当の意味で被害者の救済を求めていないという印象を受ける。(否定的な意見を述べてみる 投稿者:D  投稿日: 9月23日(木)19時34分11秒)
バカほど「連帯」なるものを夢想したがるし。特に進歩的文化人あたり。 或いは、「呪い」としか表現できないあたり、理性以前の感情論的な利害でしか「野嵜健秀包囲網」の「連帯」は成立し得ないようで。(>野嵜健秀包囲網 投稿者:池澤春菜  投稿日: 9月23日(木)20時32分11秒)

 私の經驗から云ふと、アレクセイ氏は次囘の投稿で次のやうな意味の事を云ふ。

  *あなた方はどうせ野嵜健秀さんや木村貴さんの「お仲間」なんでしょう。
  *わざとらしく「新字新かな」で書いてもわかりますよ。
  *野嵜や木村の肩を持つこと自体、あなた方がいかがわしい人間である証拠なのです。
  *どうぞどんどん書き込みなさい。その代わり掲示板荒らしとみなしますよ。

 どうぞお氣をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月23日 (木)

(元)文藝評論家の近況

 アレクセイ氏、常軌を逸した發言。

確かに、野嵜健秀や木村貴の「ごとき」下劣な人間を相手にするのは不毛だとはわかっていても、やるだけのことはやらないと、気持ちの切り替えなんてできるものではありません。まして、相手が謝罪したわけでも反省したわけでもないというのなら、こっちから一方的に赦すなんてことは、聖人君子でもないかぎり、とうてい不可能でしょう。だから、気の済むまでやれば良いと思いますよ。それを非難できる人など、どこにもいないと思います。

それに、貴方に、自分の恨みを晴らしてもらっている、と感じている人も多いでしょう。私のやったことだって、そういう意味では感謝されている部分は確かにあったと思います。だから、本当は完全に「不毛」というわけでもない。
むしろ、貴方の復讐を簡単に「不毛だ」なんて言う人は、野嵜らに嫌な思いをさせられた人の気持ちが思いやれない、無責任な第三者ですよ。――ちょうど、パレスチナの歴史も知らない日本人が、止むに止まれず自爆テロをする人たちを指して「復讐は復讐しか生まない」などと賢しらに言うのと同じです。

だから「こんなカス人間、相手にするだけ損だ」と心から思えるようになったら、止めればいいと思います。無理に聖人君子ぶることはありませんし、きっとそれは成功しないでしょう。

言葉だけで相手を殺すことは容易ではないし、それで野嵜健秀が死んだって、貴方は後悔なんかしないでしょう? 嘘偽りでどうこうしようと言うんじゃないんだから、やればいいと思いますよ。大西巨人も言っているとおり「私怨を公憤に」高めれば、復讐も無意味・無意義ではない。

それに、むしろああいう人間には、一生、呪いをかけておいた方が良いんです。自分は他人の恨みを買っていて、いつ如何なる時、如何なる形で復讐されるかも知れないんだ、という自覚を持たせておいた方が、結果的には「世のため人のため」になるんだと思います。

つまり、私は、貴方の復讐を支持します。http://6006.teacup.com/aleksey/bbs

 幾ら何でも「それで野嵜健秀が死んだって、貴方は後悔なんかしないでしょう?」「やればいいと思いますよ」「ああいう人間には、一生、呪いをかけておいた方が良いんです」「貴方の復讐を支持します」と云ふのは、犯罪的である。この人はこれでも一應、有名作家の文庫本の解説を書いた事もある「(元)文藝評論家」なのである。私の豫言通り、堕ちる處まで堕ちたと云ふ事か。

參考:多重名義關聨ログ・リンク

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年9月21日 (火)

讀解力の問題

>>それは申し訣ない。良くわからんが誤解した方ではなく誤解させた方が何時いかなる場合にも惡いとL氏は考へてゐるらしいから取敢ず謝る。
>謝り方まで傲慢。しかもいいわけつきでみっともないことこの上なし。
http://members.goo.ne.jp/home/noz-watcher/

本氣で謝つた文章に見えるのだらうか。義とその仲間は讀解力皆無。

原文は下記の通り。

>あー判つた。L氏は「コラムの意図」と野嵜の意圖が一致してゐると思つてゐる訣だ。
>わざわざ私がコラムの一部の文章を引用してコメントを附してゐる事の意圖を、L氏は理解出來なかつたのだ。それは申し訣ない。良くわからんが誤解した方ではなく誤解させた方が何時いかなる場合にも惡いとL氏は考へてゐるらしいから取敢ず謝る。
http://543.teacup.com/No_Z/bbs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月16日 (木)

本氣でもない癖に

プロ野球オーナー会議/ファンの声をなぜ無視なのか 論説

 最近の報道によれば、全國の野球ファンは球團合併に激怒してゐるらしいのだが、赤字で青息吐息の親企業を責める以前に指彈すべき相手がゐる筈だ。野球ファンを止めた元ファンだ。球團經營が左前になつた最大の原因は客が減つた事だ。野球に飽いたり愛想を盡かしたりしてサッカーその他に寝返つた元ファンの連中こそ、野球衰退の「元凶」ではないか。
 しかし、怒れる大勢のファンのうち誰も元ファンを説得して野球ファンに戻さうとは云はない。出來ない相談だと知つてゐるからだ。マスコミも云はない。云へば元ファンの機嫌を損ねるからだ。要するに誰も本氣でないのだ。本氣なら眞の原因に正面から取り組まうとする筈だ。本氣でもないのに自分が怒つてゐると思ひ込むほど、愚かな事は無い。

| | コメント (33) | トラックバック (0)

2004年9月10日 (金)

訂正・松原正先生東京講演會

訂正・松原正先生東京講演會
(懇親會會場を變更)

【日時】平成16年10月2日(土)午後1時30分受附開始、2時開演
【會場】早稻田奉仕園「日本キリスト教會館」6階會議室  東京都新宿區西早稻田二丁目3-1  電話(03)3205-5411
【交通】山手線、西武新宿線、地下鐵東西線「高田馬場」驛より早大正門前行バス「西早稻田」下車徒歩2分。又は東西線「早稻田」驛下車徒歩5分。 MAP・構内図
【參加費】2000圓(講演會終了後の午後5時から、同じ階の「フォークトルーム」で懇親會を2時間程度行ひます。輕食附、要別途3000圓。當初豫定してゐた小ホールから會場を變更しましたので御注意ください)。
※事前豫約は不要です。講演會・懇親會どちらか一方のみの參加も可。
【主催】松原正先生を圍む會(問合せ先 木村貴 kimura39@nifty.com 地獄の箴言

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 1日 (水)

東京講演會について

國語問題協議會のウェブサイトで告知して戴きました。有り難うございます。

href="http://www5b.biglobe.ne.jp/~kokugoky/news.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »