« 中島義道、裸で歩け | トップページ | 東京講演會について »

2004年8月30日 (月)

マイケル・ムーア・スーパースター

 地下鐵で、雜誌「アエラ」九月六日號の中吊廣告が目に止まる。例の駄洒落惹句に曰く、「話題作だから込ムーァ。」 馬鹿か。マイケル・ムーアとその監督映畫「華氏911」の特輯をやるらしい。見出しに「小泉とブッシュの共通點」云々とあるから、反ブッシュ主義者ムーアを禮讚する内容である事は中身を讀む迄もなく分かる。

 アメリカは日本と政治的經濟的にこれほど關係の深い國であるにもかかはらず、日本に紹介されるアメリカの知識人は非常に偏つてゐる。新刊書店の棚を覗いてみるがよい、飜訳本の著者は、十中八九、反米反ブッシュ派である。ノーム・チョムスキー、エドワード・サイード、スーザン・ソンタグ、そしてこのマイケル・ムーア。たまに親米親ブッシュ派の本が出ると、ローレンス・カプランとウィリアム・クリストルの「ネオコンの眞實――イラク戰爭から世界制覇へ」(原題「イラクを巡る戰爭――サダムの暴政とアメリカの使命」)、フランス人だがジャンフランソワ・ルヴェルの「インチキな反米主義者、マヌケな親米主義者」(同「反米病」)のやうに原題とは似ても似つかぬ反米的な題名に改竄されて仕舞ふ。異樣である。

 さてマイケル・ムーアはドキュメンタリー映畫監督としてアカデミーやカンヌ映畫祭で高く評價され、それによる名聲をアエラなど日本の左派メディアはブッシュ・小泉政權攻撃の材料として最大限に利用しようとしてゐるのだが、ムーアは本當にそれほど立派なジャーナリストなのか。著作家としてのムーアの代表作「アホでマヌケなアメリカ白人」(柏書房)に次のやうな箇所がある。

 日曜日の朝のこと、俺はコラムニストで右翼雜誌の編輯者でもあるフレッド・バーンズが、アメリカの教育事情に關する泣き言を埀れ流してゐるのを聞いてゐた。教育の質がこれほど落ちたのは、教師とその組合のせゐだといふ。 「今の子供たちは、『イリアス』や『オデュッセイア』すら知らんのです!」と彼は吼えた。他のパネリストたちは、フレッドの高尚な嘆きに感じ入つてゐる。  翌朝、俺はフレッド・バーンズのワシントンのオフィスを訪ねた。「フレッド」と俺は言つた、「教へてくれよ。『イリアス』と『オデュッセイア』てのは何なんだ?」  彼は何やらごによごによ言ひ始めた。「あー、それはだな……その……何だ……ほれ……ええい、ああさうさ。お前の勝ちだ――俺ァそんなの、何も知らねえよ。うれしいか、ああ?」  いや、ちつともうれしくなんてないよ。君はアメリカを代表するTVコメンテイターぢやないか。

 これが眞實ならバーンズは大耻である。ところが、デヴィッド・ハーディとジェイソン・クラークの近著「マイケル・ムーアはデブでマヌケな白人」(ハーパーコリンズ社)によると、事實はかうだつたと云ふ。

 「ニュー・リパブリック」誌のアラン・ウルフが眞僞を問ひたださうとすると、バーンズは「あり得ない」と答へ、かう説明を續けた。「第一に、私はマイケル・ムーアと話したことが無い。第二に、私は『イリアス』と『オデュッセイア』を讀んだことがある。大學に入るまでは讀んだことがなかつたが、確かに讀んだ」

 バーンズは古典教育を重んずるヴァージニア大とハーバード大で學んだインテリであり、ホメロスの作品を知らないと考へる方が不自然である。要するに、ムーアの記述はでつち上げだつた可能性が濃い。また、ハーディとジェイソンの著書では、ムーアが映畫「ボウリング・フォー・コロンバイン」で全米ライフル協會會長の俳優チャールトン・ヘストンの發言を都合良く編輯して使用した手口が事細かに暴かれてゐる。これでもムーアは賞讚さるべきジャーナリストと云へるであらうか。

 「マイケル・ムーアがよくわかる本」(寶島社)収録のインタヴューで、デーヴ・スペクターがムーアをかう批判してゐる。

 『華氏911』では現役の議員たちに、子供たちをイラクへ行かせないのかと聞いて囘るシーンがありましたけど、アメリカは今、志願制ですからそれを言つてもねえ。で、貧困層の人たちが入隊するとムーアは思つてるらしいけど、そればつかりぢやない。各家庭で代々傳統的に行く人もゐるし、最高の技術を身につけるために志願する人もゐるし、エリートコースの人もゐる。彼はわざと反體制みたいに見せかけてゐるんですよね。だからプロパガンダだと言はれちやう。

 政治的な敵を貶める爲ならば如何なる嘘や誤魔化しでも正當化されると云ふ信念の持主、それはジャーナリストではなくプロパガンディストである。全うなジャーナリズムならば、ムーアを嚴しく批判すべきであつて、稱揚するなどとんでもない。アエラよ、耻を知れ。

|

« 中島義道、裸で歩け | トップページ | 東京講演會について »

コメント

政府(イデオロギーの左右に関係なしで)が血道を上げて作り出す"プロパガンダ"に対する批判と、プロパガンディストなる一個人が作り出す"プロパガンダ"に対する批判が並列に論じられない限り、このエントリーは単なるアエラに対するヤッカミで終わるだけじゃん。勿体無いね。
ムーアの本が真実であることは仮定で、ハーディ&クラークの本が真実だと断定してるのは、なぜ両方ともその論拠が無いの?勿体無いね。

投稿: Ace of Hearts | 2004年9月 1日 (水) 16時56分

>政府(イデオロギーの左右に関係なしで)が血道を上げて作り出す"プロパガンダ"に対する批判と、プロパガンディストなる一個人が作り出す"プロパガンダ"に対する批判が並列に論じられない限り、このエントリーは単なるアエラに対するヤッカミで終わるだけじゃん。勿体無いね。

「政府がプロパガンダをやるから自分もプロパガンダをやつて構はない」と開き直つて仕舞つたら最後、言論の死でせう。それでは困る。ジャーナリズムなんぞ糞喰らへ、目には目を、プロパガンダにはプロパガンダを、言論テロには言論テロをと云ふ思想に私は與しません。さう云ふ思想を持ち、それを實踐する人間がジャーナリストとかドキュメンタリー作家などと名乘るとしたらそれは嘘だし、アエラが全うなジャーナリズムであるのならば、ムーアをジャーナリスト扱ひすべきではありません。事實通り、「煽動家」と書けば私も文句は云ひません。まあそれでは記事自體が成立しなくなるでせうがね。

>ムーアの本が真実であることは仮定で、ハーディ&クラークの本が真実だと断定してるのは、なぜ両方ともその論拠が無いの?勿体無いね。

そもそも、「イリアス」とか「オデュッセイア」とか云ふ言葉が何を意味するのか全然知らない人間が、それらを古典教育を巡る議論の場で持ち出せる筈がありません。この一事だけ考へても、ムーアが記した「俺ァそんなの、何も知らねえよ」と云ふバーンズの言葉は捏造だと分かります。しかしムーアの出鱈目ぶりを完全に分かつて貰ふには、もつと詳しく説明する必要があつたかも知れません。その後調べた事實を交へて以下に記します。

バーンズは最近「ウィークリー・スタンダード」誌のコラムで、ムーアとの経緯を詳しく記し、「アホでマヌケなアメリカ白人」の記述が事實無根だと批判しました。要點は(1)ムーアとは會つた事は愚か、電話で話した事も無い(2)自分は大學一年生の時に「イリアス」「オデュッセイア」を讀んだ――の二點です。http://www.weeklystandard.com/Content/Public/Articles/000/000/004/127ujhuf.asp

これに對し、ムーアは自分の公式サイトで、1988年に書いた記事を掲げ、「自分は確かにバーンズに電話取材した」と反論してゐます。
http://www.michaelmoore.com/warroom/wackoattacko/index.php?id=13
記事によれば、その時のやりとりは次のやうだつたと云ひます。

そこで俺は彼にクイズを出した。
ダンテを地獄に案内したのは誰だ? 俺は尋ねた。
「分からない」。バーンズは答へた。「知つてゐる筈なんだが。讀んだ覺えが無い」
アリストテレスの一番有名な弟子は?
「プラトンだ」とバーンズ。
外れ。正解はアレキサンダー大王。
バーンズは次第に取り亂して、「二打席無安打か」と云つた。
アキレウスを殺したのは誰?
「思ひ出せない。アキレウスがヘクトルを殺したのは知つてゐるんだが(これは正解)」
「パリスだよ」。俺は云つた。
http://www.michaelmoore.com/_media/images/special/mweekly-1.jpg
http://www.michaelmoore.com/_media/images/special/mweekly-2.jpg
http://www.michaelmoore.com/_media/images/special/mweekly-67.gif
http://209.157.64.200/focus/f-news/1164328/postsに電子テキストあり)

クイズ王撰手權ぢやあるまいし、教養の有無をクイズで確認出來ると考へる當りがムーアの無教養ぶりを如實に示してゐます。それは兎も角、記事が事實とすれば、「ムーアとは電話で話した事も無い」と云ふバーンズの主張は嘘と云ふ事になります。しかし、今から十六年も前の電話を覺えてゐなかつたとしても不思議はありません。しかも當時ムーアは全くの無名だつたのです。

寧ろこのインタヴューはムーアの捏造を裏書きする内容となつてゐます。ムーアは「思ひ出せない。アキレウスがヘクトルを殺したのは知つてゐるんだが」と云ふバーンズの發言を引用し、しかも後ろに「(これは正解)」と書いてゐる。すなはちムーアは、バーンズがホメロスを讀んだ事があると云ふ事實を知つてゐたのです。

ところで、「アホでマヌケな」の日本語版によれば、ムーアは「俺はフレッド・バーンズのワシントンのオフィスを訪ねた」と書いてゐます。ところが上記のムーア自身の辯明によれば、インタヴューは電話でなされてゐる。そこでムーアの公式サイトに引用された文章をよく見ると、「訪ねた」ではなく「電話した」となつてゐる。日本語版が誤訳でなければ、後で訂正したと云ふ事でせう。バーンズのやうに十六年前に知らない人物から電話を受けた事を忘れる人間は珍しくありませんが、インタヴューを面談でやつたのか電話でやつたのか忘れる人間はまづゐない。ムーアが信用出來ない人間である事を示す一例と云へませう。

投稿: 木村貴 | 2004年9月10日 (金) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/1310801

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ムーア・スーパースター:

« 中島義道、裸で歩け | トップページ | 東京講演會について »