« 先づ彼我の差を知れ | トップページ | 裏声で歌へ民が代 »

2004年6月30日 (水)

自業自得の「日の丸・君が代」強制

サンデー毎日七月十一日號「東京都教育委員 『言ひたい放題』全集」に曰く、

一方、鳥海[巌委員]は、「松井(秀喜選手)がヤンキースの球場で、相手の國旗に對してきちんと敬意を表してゐます。あの時に松井がベンチに座つてゐたらどうなりますか」と述べた。[中略]誰も松井選手に強制してはゐないだらう。

 要するに、日の丸掲揚・君が代斉唱を生徒に「強制」する事は怪しからぬとサンデー毎日は言ひたいのである。成る程、國旗・國歌への愛着心とは己が郷里の風景を愛する心と同じであつて、法律で強制したからと云つて育まれる譯ではない。しかし、逆に言へば、生まれ育つた郷里の風景を愛する心は放つておけば通常自然に生ずるものであつて、それを無理矢理消し去らうとする行爲は、それこそ「強制」以外の何物でもない。國旗・國歌への愛着心を無理矢理消し去らうとする行爲は、それを無理矢理奮ひ立たせようとする行爲以上に、「強制」として非難されなければならない。
 だが、都教育委員會の「強制」を口を極めて非難する教員は、果たしてこれまで日の丸・君が代への愛着心を無理矢理消し去らうと子供に「強制」して来なかつたであらうか。無論、否である。教室に於いては屢々、教師は政府以上の強制力を持つ。例へば、最近もこんな事があつた。

試験に「自衛隊イラク派遣」 肯定的解答は0点 愛知の県立高 (産経新聞) - goo ニュース

試験に「自衛隊イラク派遣」 肯定的解答は0点 愛知の県立高

 愛知県の県立高校が五月に実施した高校三年生の日本史の中間試験で、担当の男性教諭が「イラク戦争についてどう思うか」と問う記述問題を出題し、イラクへの自衛隊派遣に肯定的な解答は零点とし、否定的な解答は五点として、生徒の生活態度などを評価する平常点に配点していたことが二十五日、分かった。
 愛知県教育委員会は「さまざまな考えを持つ生徒や保護者への配慮を欠いた不適切な設問だ」として、配点を無効にするよう学校側に指示した。

 教師は、政府に特定の價値観の強制を許さないのであれば、自らも特定の價値観の強制をしてはならない筈である。いやいや、政府による「強制」は少なくも民主主義の手續きを踏んでなされてゐるが、個々の教師による「強制」は國民の審判を受けてゐないのだから、なほさら自らを厳しく律すべきである。愛知の縣立高校のやうに、特定の政治現象について己が價値観に反する解答を書いた生徒を不利に取り扱ふやうな馬鹿教師のゐる教育現場を、私は信ずる氣になれない。都の「右旋囘」に苦しんだからと云つて、所詮は自業自得でしかないと思ふ。

|

« 先づ彼我の差を知れ | トップページ | 裏声で歌へ民が代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/876692

この記事へのトラックバック一覧です: 自業自得の「日の丸・君が代」強制:

« 先づ彼我の差を知れ | トップページ | 裏声で歌へ民が代 »