« 汝の「常識」を疑へ | トップページ | はじめまして&西部邁の惡文 »

2004年4月30日 (金)

傲慢を悟らぬ傲慢

ものごとに「例外」は付き物です。だからこそ、一般論と個別論を混同してはなりません。一般論(原則)としては認められることでも、個別の事例では認められないような場合(例外)はいくらでも存在します。(碧川蘭「汝、まず自身に問え」)

御説ごもつとも。だから私は、「引用時の正字正假名への表記變更」は、原文維持と云ふ一般論(原則)の「例外」だと説明してゐるのに、ホランドこと碧川蘭氏は頑なに認めようとしない。もし碧川氏が「新字新假名から正字正假名への變更も、その逆も、同じやうに認めない」と主張するのなら、まだ理解出來る。ところが、「新字新假名への變更は認めるが、正字正假名への變更は認めない」と言ふのである。このやうな不公平を認めるには、當然、合理的で説得力ある理由が無ければならない。

碧川氏は「汝、まず自身に問え」において、その「理由」らしきものを書いてみせた。私は一讀して呆れた。碧川氏は、こんな代物が「合理的で説得力ある理由」になり得ると、本氣で信じてゐるのであらうか。彼はかう書いたのである。

考えても見て下さい。大西巨人さんの「改変」は、今現在の「一般多数の読者」が「新字新かな」に馴染んでおり「その方が読みやすい」という「妥当な情勢判断」とその「メリット」に対する認識が正しく働いた上での「改変」です。ですから、大西巨人さんの「改変」は、木村さま風に言えば「いちいち断らなくても良い」ような、断らなくても「一般多数の読者」が納得するような「合理的な改変」なのです。[中略] 木村さまは原文が 「新字新かな」だった中井英夫さんの文章を引用するにあたり、「正字正かな」で書かれているご自分の文章に合わせて、何の注釈も付さずに「正字正かな」に「改変」しています。この(改変の)場合、「新字新かな」に馴染んでいる今現在の「一般多数の読者」に対しては、ただ「読みにくい」というデメリットこそあれ、これといったメリットは何もありません。[中略] 結局、もともと「新字新かな」で書かれていた中井英夫さんの文章を、わざわざ「正字正かな」に書き換えるというのは、一般多数の読者にとっての「有意義(有価値)」ではなく、「正字正かな」主義者にとっての「有意義(有価値)」でしかないんですね。(同上

私が「表記變更は合法」と主張したのに對し、碧川氏が「ボクは道義的是非を問うている」と非難した事を思ひ出して貰ひたい。そのうへで上記の主張を要約・換言すると、かうなる。「新字新假名への變更は、一般多數の讀者にとつての利益だから、道徳的に善である(獎勵すべきである)。しかし、正字正假名への變更は、『特殊少數』の正字正假名派の讀者にとつての利益に過ぎないうへ、一般多數にとつては不利益でしかないから、道徳的に惡である(抑壓すべきである)」。この立論自體がすでに亂暴極はまる。道徳的善惡は頭數で論じられないからである。碧川氏は「正字正假名主義」の人間を「讀者」と呼ぶ事を避けてゐるが、これは「正字正假名派も讀者として尊重すべし」と云ふ全うな論點を想起させない爲の姑息な表現である。

そのうへ、具體的論證の手續も粗雜そのものである。碧川氏は、二通りの表記變更に伴ふ「メリットとデメリット」を比較考量してみせる。差引勘定で少數派の利益が多數派の不利益につながるのなら、前者への道徳的抑壓は正當化されると言ひたいらしい。ところが、肝腎の比較考量の仕方が實に御座なりである。

まづ正字正假名に變更した場合の「デメリット」だが、「讀みにくい」とは、どの程度「讀みにくい」のか。中井英夫の文章を「腐っていてはならない」から「腐つてゐてはならない」に改變した場合、前者の「讀みやすさ」が百パーセントだとすると、後者の「讀みやすさ」は何パーセント惡化するのか。九十パーセントか。八十パーセントか。七十パーセントか。こんな話を大眞面目にするのも阿呆らしいが、相手が相手だから仕方ない。お遊びのつもりで文字數から單純計算してやると、十文字のうち二文字變つただけだから、「惡化率」は二十パーセント。しかも、改變後の「ゐ」は古代エジプト文字でも神代文字でもない。義務教育程度の國語知識のある日本人なら誰でも知つてゐる文字である。「つ」が歴史的假名遣ひでは促音を示す事も、同樣に誰もが知つてゐる。從つて、改變による實質的な「惡化率」はさらに小さくなる。

他の文章でも同じやうなものだ。評論家の土屋道雄氏の調査(『日本語よどこへ行く』日本教文社)によると、新聞の表記を正假名遣に改める場合、訂正を要する假名は百字中僅かに二字。しかもその三割が「ゐる」と云ふ動詞である。正漢字を考慮に入れても、改變に伴ふ「惡化率」は私が上で試みた「お遊び」と大差あるまい。その程度の事を碧川氏は「讀みにくい」「デメリットだ」とヒステリックに騷ぎ立てるのである。

そもそも、正字正假名が一般讀者にとつて讀みにくいとそこまで憤慨するのなら、碧川氏はなにゆゑ、己が文章中で私の文章を新字新假名に改變しないのか。碧川氏が一般讀者を本氣で氣遣ふのなら、それが言論人としての「道徳的」責務である筈だ。それをやらないのは、碧川氏が本心では正字正假名を大して讀みにくいとは思つてゐないからだ。同時に、一般讀者の事なんぞ實はどうでもよく、ただただ自分の議論に都合の好いやうに利用してゐるに過ぎないからだ。他人を利用してゐるだけの癖に、己を道徳的に立派な人物であると信ずるとは、度し難い傲慢である。己が傲慢であると悟らぬ傲慢こそ、最惡の傲慢である。

この批判に對し、碧川氏は「そもそも木村が正字正假名なんぞで書くのがいけない」と言返すくらゐしか逃げ道はないだらう。しかし、これが不當な言論彈壓であるのは明らかである。考へてみれば、「正字正假名は一般讀者にとつて讀みにくい。ゆゑに引用における正字正假名への變更は惡である」と云ふ主張は、論理必然的に、「引用に限らず、正字正假名による文章表記はすべて惡である」と云ふ歸結を招かざるを得ない。正字正假名派そのものを「道徳的」に抹殺したい、それが碧川氏の(意識的か無意識的かの)本音なのである。

次に正字正假名に直した時の「メリット」だが、碧川氏はいとも簡單に「これといったメリットは何もありません」と斷言する。「これといった」と云ふ言葉遣ひがこれまた姑息な逃げである。「AやB以外にメリットは何も無い」と明確に言ふと、「いや、Aは大きな利益だ」「Bも無視出來ない」等と即座に突込まれるからである。私はそんな煙幕に騙されないから遠慮無く突込まう。大きな「メリット」がある。表記が合理的になる事である。碧川氏は、今囘の議論では「正字正假名は合理的」と云ふ前提で話を進めると書いた筈である。合理的な國語が不合理な國語よりも國民全體に利益を及ぼすのは明らかである。合理的な文章を(多少面倒でも)讀む事は、「讀みやすい」と云つた即效的・一時的利益はもたらさないかもしれないが、讀者の精神に論理的思考の土壤を育むと云ふ本質的・長期的利益をもたらす。

かう言へば、碧川氏は「論理的思考の土壤育成とやらは、自分自身の文章を通じてやれ。引用は原文のまま新字新假名にすべし」と反論するだらう。しかし、同じ文章の中で表記があちこち違つてゐたら、合理的どころか、讀者の混亂を招くばかりである。だから私が何度も言つたやうに、文章は引用部分を含めて一貫した論理體系で統御すべきなのである。これでも碧川氏は納得しまい。「そんなのは傍迷惑な押附けだ。一般多數の讀者は求めてゐない」といきり立つだらう。もし彼がさう言ふなら、一般讀者を馬鹿にしてゐる。一般讀者(の少なくも一部)は、潛在的には、高々數パーセントの「讀みやすさ」なんぞより、合理性を求めてゐるかもしれないではないか。最初は少々「讀みにくい」と感じても、高々數囘も讀めば慣れて、「ああ正字正假名は合理的で良いな」と思ふかもしれないではないか。碧川氏のやうに、讀者は「讀みやすさ」だけを求めてゐると勝手に判斷するのは、それこそ「親切な私」の「押附け」に他ならない。

逆に、正字正假名の文章を新字新假名に直した場合、讀者は「不合理な表記」と云ふ本質的・長期的不利益を強いられる。これを「讀みやすさ」と云ふ即效的・一時的「メリット」と勘案すれば、果して差引勘定でプラスと言ひ切れるだらうか。寧ろマイナスの可能性すらある。以上を要するに、新字新假名への改變が正字正假名への改變よりも明らかに勝れてゐるとはとても言へない。私は「本質的・長期的利益」を考へて正字正假名への改變に軍配を擧げたいところだが、ぐつと我慢して「引き分け」でよしとしよう。ならば、二通りの改變は「道徳的」にも平等に認められるべきである。

はいはい。ホランド大先生は矢張り承知しないでせうよ。さうなれば、陳腐な言葉で恐縮だが、もはや「價値觀の相違」である。二人の人間の價値觀が「道徳的」に相容れず、どうにも始末に負へなくなつたら、いよいよ法律の出番である。前囘説いた通り、正字正假名への表記變更は合法である。いくら大先生が悔しがつても、私は涼しい顏で表記變更を續ける。惡質な刑事が容疑者に「道徳的」壓力をかけ默祕權を骨拔きにするやうに、ホランド刑事は木村容疑者に「道徳的」壓力をかけ表現・言論の自由を剥奪したくて堪らないやうだ。しかし、ここは法治國家である。「お生憎樣」とだけ言つておかう。

追記:私はこの文章において、碧川氏の文章をあへて新字新假名のまま引用した。碧川氏の粗雜な文章は、不合理な新字新假名が「お似合ひ」だからである。とは言へ、混在した表記は讀者にはそれこそ「傍迷惑」だらうから、次囘からは元通り、正字正假名に統一する。



(平成13年8月12日)


|

« 汝の「常識」を疑へ | トップページ | はじめまして&西部邁の惡文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/514793

この記事へのトラックバック一覧です: 傲慢を悟らぬ傲慢:

« 汝の「常識」を疑へ | トップページ | はじめまして&西部邁の惡文 »