« なぜ書くか、「古い」表記で | トップページ | 必ずや名を正さんか »

2004年4月30日 (金)

「正字正假名」と云ふ呼稱

まづ假名遣ですが、現在一般 に使はれる文部省公認の假名遣は、正式には「現代かなづかい」と云ひます。一方、私が使つてゐる假名遣は、學問的には「歴史的假名遣」或いは「契冲假名遣」と呼びます。これら二つを短く約めて呼ぶ場合、前者は戰後新しく出來た假名遣だから「新假名遣」、後者は主に戰前使用された古い假名遣だから「舊假名遣」と呼ぶ事が多いやうです。これなら、「新」「舊」が對になつて、整然と見えます。

しかし、歴史的假名遣・契冲假名遣を奉ずる人間としては、「舊假名遣」と云ふ呼稱には異議を唱へたいのです。なぜなら、「舊」と云ふ言葉には、「古臭くて今の時代に合はないもの」「捨て去るべきもの」と云ふ意味合ひが附きまとふからです。事實、さうした效果を狙つて呼ばれる場合が多いのです。

ここでは詳述出來ませんが、私は、歴史的假名遣・契冲假名遣は古臭いどころか、勝れて近代的な表記だと考へます。寧ろ「現代かなづかい」の方こそ、時代遲れの思想を引き摺つてゐます。從つて、歴史的假名遣・契冲假名遣を使用する人間は、「正しい假名遣」と云ふ積極的な意味合ひと誇りとを込めて、「正假名遣」と呼ぶ場合が多いのです。

言葉の對應關係を重視するのなら、私は「現代かなづかい」の事を「新假名遣」でなく、「邪假名遣」とか、「誤假名遣」とか呼ぶべきなのでせう。しかし國語として通用しないので、「新假名遣」でお茶を濁してゐるわけです。「略假名遣」と云ふ呼び方は、適切でありません。「現代かなづかい」は、歴史的假名遣を「略」して作つたものではないからです。ではどう云ふ理窟に基いて作つたかと云ふと、場當り主義の出鱈目で、理窟も糞も無いわけです。これを話し出すと長くなるので、またの機會にします。

次に漢字です。文部省が定める「常用漢字表」の漢字の字體は、そのまま素直に呼べば「常用漢字體」でせう。一方、『新潮國語辭典』には、「正字」の語義の一つとして、「俗字などに對して、畫を略したりしない正統とされる漢字の字體」とあります。つまり、私がホランドさん宛の投稿では「俗字」と書いたやうに、「正字」の對義語は「俗字」と云つても好いし、畫を略さないのが正字だと考へれば、「正字」の對義語は「略字」と云つても好いでせう。戰後出來た字と云ふ意味で「新字」と呼ぶ場合もあるでせう。私の立場からは正字を「舊字」と呼ぶべきでないのは、假名遣の場合と同樣です。

このやうにも言へるでせう。「現代かなづかい」も、「常用漢字體」も、確たる基準無しに作られたものだから、自づから、それらの性格・特色を的確に言ひ表す事が難しく、呼稱も非論理的なものにならざるを得ない――。

(平成13年7月18日「アレクセイの花園」への投稿より)

|

« なぜ書くか、「古い」表記で | トップページ | 必ずや名を正さんか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/514594

この記事へのトラックバック一覧です: 「正字正假名」と云ふ呼稱:

« なぜ書くか、「古い」表記で | トップページ | 必ずや名を正さんか »