« 魁!國語塾 主要參考文献 | トップページ | 表記變更は公正な慣行である »

2004年4月29日 (木)

引用にとつて美とは何か

パスカルの『パンセ』の或る譯本に、新假名遣でかう表記されてゐたとしよう。

人間は考える葦である。

正假名遣を使用する人間が、この文を引用して文章を書く時、どう表記するか。まづ「原文絶對尊重型」。

(A)パスカルが説いたやうに、「人間は考える葦」なのだとつくづく思ふ。

私は、この文章でもすでに非論理的で見苦しいと感ずるが、どうだらうか。では、カギカッコを取り拂つた形にしてみよう。

(B)パスカルが説いたやうに、人間は考える葦なのだとつくづく思ふ。

これは、明らかに見苦しい。いやいや、國語表記として明らかに誤りである。ならば、カギカッコを附けた(A)も、誤りであると云ふべきではないか。カギカッコの有無により、文章作法が決定的に異る道理も慣行も存在しないからである。

(C)パスカルが説いたやうに、「人間は考へる葦」なのだとつくづく思ふ。

(D)パスカルが説いたやうに、人間は考へる葦なのだとつくづく思ふ。

(C)ないし(D)こそが、正假名遣における「正しい引用」でなければならぬ。正假名遣を使用する人間は、國語の論理に意識的たらんと願ふ。正假名遣を使用する以上、國語の論理に背くやうな文章は書けない。引用とて例外ではない。引用した文章はもともとは他人のものだが、自分の文章の中に取込んだ瞬間に「自分の文章」となるからである。云ふまでもないが、ここでは學術論文や假名遣そのものを論ずる文章など、特殊な例は除いて考へてゐる。

(平成13年5月24日)

|

« 魁!國語塾 主要參考文献 | トップページ | 表記變更は公正な慣行である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30565/510874

この記事へのトラックバック一覧です: 引用にとつて美とは何か:

« 魁!國語塾 主要參考文献 | トップページ | 表記變更は公正な慣行である »